そもそも社内報で何がしたいのか? - 広報・PR・IR全般 - 専門家プロファイル

豊田 健一
一般社団法人 組織内コミュニケーション協会 専務理事 兼 『月刊総務』編集長
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

そもそも社内報で何がしたいのか?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR・IR全般

どんな仕事でもあてはまるとは思うが、社内報担当者としても、「そもそも、社内報で何がしたいのか」という想い、

それがとても大切である。

 

社内報で、「社内のコミュニケーションを活性化したい」

社内報で、「会社の状況を正しく、タイムリーに伝えたい」

社内報で、「社員が自社に誇りを持って、楽しく仕事ができる環境を作りたい」、などなど。

 

社内報について考える前に、

「そもそも、自分として、この社内報で何がしたいのか」、ということをまずは明確にすることが大切である。

 

なぜなら、それが社内報の発行目的ともなるし、社内報制作上のいろいろな判断軸ともなってくる。

また、読む側に対しても、そのような思いは伝播する。

この社内報はどういう意義を持って発行されているのか、

この社内報で担当者は何をしようとしているのか。

 

「この厳しい状況の中、社内報を廃止してはどうだろうか」

「社内報のページ数を減らすか、或いは、Webにしてしまってはどうだろうか」

多くの会社で議論されたのではないだろうか。

そのような議論に対して、社内報担当者は自信を持って反論できただろうか?

 

社内報担当者としては、熱い想いを持って、

「従業員のための社内報である。」

「この時期、むしろこの社内報が、難局を乗り切るのに必要なのだ」

と、反論していきたいものである。

 

そのためにも、

「社内報でなにがしたいのか」

社内報を通じて「従業員にどうなってもらいたいのか、どうしたいのか」

まずは考えてみるべきだと思う。

最新 「社内報セミナー」のご案内はこちら → http://icomu.or.jp/?p=129

「社内報創刊」のための無料個別相談                   http://profile.ne.jp/s/s-3693/

「社内報リニュアル」のための無料個別相談            http://profile.ne.jp/s/s-3697/

「社内報編集 初心者」のための無料個別相談        http://profile.ne.jp/s/s-3701/

「社内報編集 中級者」のための無料個別相談        http://profile.ne.jp/s/s-3728/

このコラムに類似したコラム

社内報の世界から飛び出して 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/03/29 09:58)

ほめるメディア、社内報 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/01/24 22:33)

社内報が読まれる理由 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/05/30 22:26)

社内報で、まずは知ることから 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/05/15 21:58)

社内報と会社との関係 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/02/19 20:21)