そもそも、社内報とは? - 広報・PR・IR全般 - 専門家プロファイル

豊田 健一
一般社団法人 組織内コミュニケーション協会 専務理事 兼 『月刊総務』編集長
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

そもそも、社内報とは?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR・IR全般

社内報については、いろいろな捉え方がある。

・「社内報は経営の戦略的ツール」

・「社内報はタテ・ヨコ・ナナメのコミュニケーションツール」

・「社内報は会社の中枢神経」

 

そもそも、社内報とは?

 

社内報とはどのようなものなのか、社内報とはどうあるべきなのか?

どうすると、社内報の効果を高めることができるのか?

いくつか、考えるポイントがある。

まずは、社内報をどこまで遡って考えていくか。

つまり、社内報より次元をあげて考えていくということ。

 

次に、社内報だけではなく、トータルで考えること。

次元をあげることにも繋がるが、

社内コミュニケーションの全てのツール、メディアの中での位置づけ、役割を考えていくこと。

トータルの中での、社内報の優位性。

逆に、社内報の限界も把握することがポイントである。

 

そして、最後に「働く人」という視点。

人の積み上げが組織となり、その集合体が企業となる。

最少単位である「人」。

その「人」をどのように捉えるか、これが最も大切なポイントである。

 

社内報ありきで考えるのではなく、

上記に挙げたような視点から、社内報を考え始めていくことが大切である。

以降、さまざまな視点から社内報を考えていくこととする。

最新 「社内報セミナー」のご案内はこちら → http://icomu.or.jp/?p=129

「社内報創刊」のための無料個別相談                   http://profile.ne.jp/s/s-3693/

「社内報リニュアル」のための無料個別相談            http://profile.ne.jp/s/s-3697/

「社内報編集 初心者」のための無料個別相談        http://profile.ne.jp/s/s-3701/

「社内報編集 中級者」のための無料個別相談        http://profile.ne.jp/s/s-3728/


このコラムに類似したコラム

社内報が読まれる理由 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/05/30 22:26)

社内報の創刊理由 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/05/10 23:08)

社内報の世界から飛び出して 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/03/29 09:58)

社内報と組織の関係性 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/02/14 20:00)

社内報の捉え方 ・・・ 関係性の話 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/02/13 23:28)