海外ロングステイの目的としたい事のアンケート結果 - 外国生活 - 専門家プロファイル

吉野 充巨
オフィスマイエフ・ピー 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:海外留学・外国文化

奥村 美里
奥村 美里
(英語講師)
井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年08月18日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

海外ロングステイの目的としたい事のアンケート結果

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 海外留学・外国文化
  3. 外国生活
ロングステイ 海外ロングステイ

もし、あなたが海外でロングステイをするとしたら、どのような目的と動機でしょうか。

アンケート回答者は、ロングステイの希望先を選ぶ際の目的と動機を表の用に答えています

1位はどの年代でも、同じで「異文化に興味を持たれて」海外に出かけていますが。2位以降は夫々の年代で偏りが見れます。30代までの若い方は気分転換したいとの項目が3位に入ります。

一方50代以降の方達の第2位は、避暑避寒のために海外生活を望むとの回答です。
また、70代の方でも、異文化に興味があるとの回答が一番で、元気で活発な様子がうかがわれます。

では、その方達は海外ロングステイをどのように過ごしたいと思われているのでしょう

全世代トップは「のんびり過ごしたい」と為っています。
2位以下はやはり年代によって異なります。20代までの方は語学習得が2位に入り、30代では趣味やスポーツが2位に入ります。

40代以降の方の2位は、周辺の観光になり、史跡めぐりも合わせると多くの方が、のんびりと異国の環境と風物を味わいたいとお考えのようです。

読者の皆様もご自身のライフプランに、海外ロングステイを組み込んでみてはいかがでしょう。

これらを含むライフプラン セミナーを毎月開催しています。
宜しければ一度参加してみませんか。
http://www.officemyfp.com/seminerannai.htm

文責
吉野充巨
ファイナンシャルプランナー
日本FP協会認定CFP®
一級ファイナンシャルプランニング技能士
ロングステイ財団登録ロングステイアドバイザー&登録講師

このコラムに類似したコラム

★☆小学生1人アメリカ留学☆★ クルツ ウーリッヒ - 英語講師(2012/07/27 15:06)

海外ロングステイ 希望する滞在期間は 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/01/13 10:00)

英語習得と修得の違い(その二) 今林 浩一郎 - 行政書士(2010/05/29 10:38)

英語習得と修得の違い(その一) 今林 浩一郎 - 行政書士(2010/06/06 01:49)

Asian Diet vs. Western Diet 「アジア食 vs. 西洋食」 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2016/10/05 02:42)