国内ロングステイの希望先とその理由 - 老後の二地域居住 - 専門家プロファイル

オフィスマイエフ・ピー 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:老後・セカンドライフ

中舎 重之
中舎 重之
(建築家)
植森 宏昌
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
橋本 亜依
橋本 亜依
(恋愛アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

国内ロングステイの希望先とその理由

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 老後・セカンドライフ
  3. 老後の二地域居住
ロングステイ 海外ロングステイ

ロングステイという言葉は、通常海外での生活をイメージしがちですがが、ここ4.5年、国内でのロングステイ(1週間以上の生活)の整備が進んでいます。
今年は3.11に東日本大震災もあり、国内で長期に2拠点で暮らす方も増えていますが、ここで取り上げるのは、避難の為では無く、日常の生活の中で、住居地と異なる場所で過ごすことです。

ロングステイ財団の「ロングステイ」の定義は
・比較的長期にわたる滞在である。(海外2週間以上、国内1週間以上)
・「居住施設」を保有または賃借する。
・『余暇』を目的とする。
・「旅」よりも「生活」を目指す
・生活資金の源泉は日本にある。
です。

私は、老後の生活として、海外では無く国内ロングステイを(二拠点居住)をお勧めしています。
主な理由は、上記ロングステイの定義にも添える場所が多いこと、そして老後生活を送るためのリスクが小さいことが主な理由です。
・言葉のハードルが無い、
・生活基盤である社会的な諸制度が変わらない、
・治安が世界一良い、
・もしもの時にも親族などが近くにいる、
・不動産の保有・賃借の法律が変わらない、
・そして、亜寒帯から熱帯まで選べる。
からです。

今回の調査にある国内ロングステイの希望先は、
1位沖縄県、2位北海道、は4年間変化が有りませんが、3位はここ2年間京都が占めています。また、4位は長野県が、5位は鹿児島県を選ぶ方が多く、6位以降も長崎県、宮崎県、高知県、東京都、福岡県など、比較的暖かな地域が選ばれています。
東京は、利便性と文化施設等でトップ10内に止まっています

ロングステイ先を選んだ理由は
表のとおりで、各年代とも、1位好きな地域、2位気候、3位環境が良い、4位風光明媚、5位温泉がある、に為ります。

位として上位では無いのですが、気候、環境が良い、風光明媚、温泉が有ると言う点では、東京に近い千葉県(29位)をお勧めできます

毎月ライフプランセミナーを開催しています。宜しければ一度参加してみませんか。
http://www.officemyfp.com/seminerannai.htm

文責
吉野充巨
ファイナンシャルプランナー
日本FP協会認定CFP®
一級ファイナンシャルプランニング技能士
ロングステイ財団登録ロングステイアドバイザー&登録講師

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ロングステイ」のコラム

このコラムに類似したコラム

国内ロングステイの候補地として佐久市を紹介します 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/04/28 10:00)

自分や家族が老いを迎えるための準備セミナーの講師を終えて|長野県白馬村 明石 久美 - ファイナンシャルプランナー(2015/02/04 08:00)

新時代:新しい家族形態から考える、ファミリーのライフプランと資産形成。 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2014/07/30 17:50)

「シニア大樂」講師登録 宍戸 芳雄 - 研修講師、医療機器開発コンサル(2014/03/14 15:58)

40代からの親の老後のこと対策セミナー講師を行ってきました|長野県佐久市 明石 久美 - ファイナンシャルプランナー(2014/02/16 08:00)