日経記事;日系企業ベトナム進出11年過去最多中堅等に関する考察 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表
神奈川県
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
石川 雅章
(広告プランナー)
背戸土井 崇
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日経記事;日系企業ベトナム進出11年過去最多中堅等に関する考察

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
経営コンサルタントの活動 海外展開支援

皆様、
おはようございます。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。

本日は、12月31日、2011年最後の大みそかです。今年1年、私が書きますブログ・コラムをお読み頂き大変有難うございました。

来年も可能な限り毎日書き続けるつもりです。是非お読み下さるようお願いいたします。

さて、今年最後のブログ・コラムは、12月31日付の日経新聞に、『日系企業のベトナム進出、11年は過去最多 中堅・中小が投資 』のタイトルで掲載されました記事について考えを述べます。

記事の主な内容は以下の通りです。

『ベトナム政府が2011年に認可した日系企業の進出件数が過去最多となったことが分かった。ベトナム政府は裾野産業の育成を掲げ、日本企業向け工業団地建設を計画するなど誘致に力を入れている。

全体の投資金額が減少している点を踏まえると、円高や東日本大震災を機にアジア進出を目指す中小・中堅企業の受け皿となっているようだ。

日本貿易振興機構(ジェトロ)のデータによれば、11年の日本からベトナムへの海外直接投資(FDI)の新規認可件数は前年比82%増の208件となった。

対ベトナムの国別投資件数では韓国が前年比5%増の270件で1位となり日本は2位だった。サムスンが携帯電話やスマートフォンの生産工場を稼働し、関連工場の進出が増えた。

3位のシンガポールは19%増の105件。東南アジアの中で相対的に低い賃金や、中国市場に近い立地が魅力となっている。

日経企業について現時点で入手可能な11年1~11月の業種別の投資で割合をみると、加工・製造業が件数全体の約54%と圧倒的に多い。

金型や建機用部品の製造など、大手の自動車・電機の下請け企業の進出が増えた。貿易・小売サービスが約15%で続く。

12月に1号店を出したミニストップなど、1人当り国内総生産(GDP)が約1200ドルに達したベトナムの内需に着目する小売・流通業も目立った。

投資金額は前年比9.4%減の18億4930万ドル(約1440億円)に落ち込んだ。1件当たりの投資額は889万ドルと前年と比べ半減。小規模な投資が多いことを示した。

中小企業の進出環境も整い始めている。住友商事は同国の工業団地に4月、アパート型レンタル工場を開設。500平方メートルの区画を月額3500ドルで貸し出し、初期投資を抑えて進出可能にした。11区画のうち既に10区画が埋まっている。

ベトナム政府は同国北部ハイフォン市と南部バリアブンタウ省で、日本企業専用専用工業団地の建設を計画している。

進出に関するワンストップの相談窓口を設け、住宅・病院など生活インフラも整備する考えだ。日本政府と共同で日本の金型産業の誘致も進めている。』


ベトナムは、2009年4月1日時点国勢調査で約8,579万人の人口を有しています。過去10年間の人口増加率は、1.2%となっています。

東南アジアの他の国々と同様に、経済発展が続いています。その結果、記事にありますように、1人当り国内総生産(GDP)が約1200ドルに達しました。

ベトナムは、2000年~2010年の平均経済成長率は7.26%と高成長を達成しました。これは、2009年時点でも世界経済危機の中で政府による積極財政・金融緩和が後押となり、5.3%、6.8%成長を達成しましたことも影響しています。

反面、急速な物価上昇、自国通貨の不安定化などの問題に直面し、ベトナム政府は。2011年はこれらの問題解決を最優先事項としています。

日本との政治・経済関係は極めて良好です。親日的あり一般的に日本に対する排他的な思想はありません。

日本とベトナムの貿易関係は以下のようになっています。

ベトナム政府統計局の発表では、2010年度実績で以下の通り。

(1)貿易額
輸出;77.3億ドル(対前年比 22.9%増)
輸入;90.2億ドル(対前年比 20.7%増)
(2)品目
輸出;縫製品、電気ケーブル、機械機器・同部品
輸入;機械機器・同部品、鉄鋼、電子機器・同部品

輸出入とも前年比20%以上伸びています。日本への輸出は、従来の繊維製品に加え、機械機器や部品が増えています。

これは、国内製造業がベトナムでこれらのものを生産し、日本にその一部を輸出しているためです。ベトナム政府はこの動きを加速させようとしています。

記事によると、同国北部ハイフォン市と南部バリアブンタウ省で、日本企業専用専用工業団地の建設を計画している、とのこと。

一般的にベトナム人は、勤勉でまじめです。学習意欲も高く、良質な労働力を確保できます。工場の進出先の一つとして、最有力候補国の一つです。

一方、社会主義国にありがちな、不効率な官僚主義や一貫した法律・政策の欠如などの課題もあります。

今後、海外進出を図る中小企業が増えることが予想されます。その進出先として、例えば、ベトナムが良いと短絡的に決めないで、事前に入念な事前確認・準備と、詳細な事業計画を作成して、決断・実行する姿勢が大事です。

いくら、現在の取引先から熱心に勧誘されも、それだけで決断することは危険です。過去の事例をみますと、進出後に既存の取引先から受注できなくケースが多く発生しています。

不明なことは各種の専門家や支援組織に相談しながら慎重にことを進めることが大事です。

上記のような記事が出ますと、中小企業からベトナムに進出したいと相談を受けることがあります。しかし、私は何時も、「ベトナムが良いと短絡的に決めないで、事前に入念な事前確認・準備と、詳細な事業計画を作成して、決断・実行する姿勢が大事ですよ。」と言っています。

海外進出は、慎重かつ大胆に決めて実行しましょう。

よろしくお願いいたします。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー GBM&A 山本 雅暁

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)
グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表

起業・企業存続の為の経営戦略立案・実行と、ビジネススキル向上

起業及び、事業拡大や経営合理化を目指す企業に対して経営コンサルを行います。大手メーカーで得た経験を活かし、補助金活用、アライアンスやM&A、市場分析に基づいた事業戦略策定・実行や事業再生を支援します。OJT研修でのビジネススキル向上を支援します。

カテゴリ 「経営コンサルタントの活動」のコラム

このコラムに類似したコラム

ITソリューションは奥が深い 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2014/05/02 08:53)

IT業界の流行言葉 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2014/04/23 09:29)

経営課題解決シンポジウムのご紹介 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2013/11/27 07:24)

ビッグデータ活用支援フォーラム2013のご紹介 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2013/08/08 14:59)

ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金(第1次公募) 高木 仁 - フランチャイズビジネスコンサルタント(2013/03/16 08:35)