本当の履歴書とは - 転職支援カウンセリング - 専門家プロファイル

竹間 克比佐
東京都
転職コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:転職・就職

新垣 覚
新垣 覚
(転職コンサルタント)
清水 健太郎
清水 健太郎
(キャリアカウンセラー)
藤原 純衛
(転職コンサルタント)
西澤 靖夫
(転職PRの専門家&キャリアカウンセラー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

本当の履歴書とは

- good

  1. キャリア・仕事
  2. 転職・就職
  3. 転職支援カウンセリング
適職支援

2011年が間もなく幕を閉じようとしています。この一年、本当に色々な事が有りました。私が、コンサルタントとして業務しております転職と言う市場も大きく変わり始めているなぁと感じた年でした。景気の後退、震災と言う大きな出来事、日本で働く全ての人が、何か目の前が見えなくなって来たように感じます。雇用の推進も無いまま、転職を希望する方は、微増かも知れませんが増えているように感じます。即ち、コンサルティングをする機会は増えて来ました。特に、この11月~12月増えました。しかし、企業側の採用に求める目線は厳しさが加わって来ているのです。即ち、人一人を入社させる為に、本当にバランスを見て採用するようになったと言う事です。転職ご相談者は、40代後半から50代前半の方が如実に増えています。私もその中の一員ですし、自分の事ながら本気でコンサルをしています。しかし、この数年の間にかなりの頻度で転職をしてしまっている方、また自己都合ではなく会社都合で辞めざるを得なかった例も非常に多いなぁと感じます。そんな中、ご忠告?というか本当の「履歴書」を考える年度ではないかと思うのです。

私が、生きたバブル時代は転職が一つの足がかりになりステップアップになり、年収を上げる手段になりました。しかし、バブル崩壊後、人に因ってはスタップアップが、ダウンに繋がってしまい、折角最高学府を卒業して、良い会社に入ったのに、その後人に左右され道が逸れてしまった方が沢山いらっしゃるように思えます。現代では、toeicが数値かされ、語学を問う企業も増えました。そんな中、自分の履歴の棚卸をするべき状況ではないか?と。私は、自分もさることながら、後ろ向かないように人生を模索すべきではないか?と思うのです。誰もが、自分にしか出来ない事が一つはあるのではないか?と思い始めました。それは、人がどのように評価しても自分が正しいと思う専門能力です。40代以降の皆さん、ご自分の履歴を見直して見つけてみては如何でしょうか?見つからない時は、どうぞご相談下さい。(勿論コンサルは無料)

必ず、第三者の意見を聞く事により何かに目覚めると思いますよ。私のような弱い人間は、第三者の意見をしっかり受け止める事を最近になってしています。今までは、御山の大将だったのかも知れません。そうすると本当の自分が見えて来る事が多くなったと感じる事が出来たのです。皆さんに取って素敵な出会いがある2012年をお迎え下さいませ。

是非、何かあれば御連絡下さいませ。良いお年を・・・・・・

このコラムに類似したコラム

履歴書に書く 特技も趣味もない 中井 雅祥 - 求人とキャリアのコンサルタント(2013/07/16 19:00)

空白の多い履歴書 中井 雅祥 - 求人とキャリアのコンサルタント(2013/07/09 19:00)

履歴書ってなんだろう 中井 雅祥 - 求人とキャリアのコンサルタント(2013/07/08 19:00)

間違いを修正テープはだめ 中井 雅祥 - 求人とキャリアのコンサルタント(2013/07/07 19:00)

職歴の空白はどうする 中井 雅祥 - 求人とキャリアのコンサルタント(2013/07/05 19:00)