SF映画「デンジャラス・デイズ」、伝説になるその方法は? #03 - クリエイティブディレクション - 専門家プロファイル

山藤 惠三
有限会社エスオープランニング 代表取締役 クリエイティブディレクター
東京都
クリエイティブディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:クリエイティブ制作

赤坂 卓哉
赤坂 卓哉
(クリエイティブディレクター)
石川 雅章
(広告プランナー)
石川 雅章
(広告プランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

SF映画「デンジャラス・デイズ」、伝説になるその方法は? #03

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. クリエイティブ制作
  3. クリエイティブディレクション
メディアと映画、ずっと楽しい関係。 気ままに映画・TVコラム
東京は雪景色です。
この季節、一年に一度くらいは、雪が降りますね、
交通事情やちょっとしたけがなんかに注意が必要ですね、

こんにちは、山藤(サンドウ)です。

「ブレードランナー」のドキュメンタリー映画、「デンジャラス・デイズ」第三弾です。

この映画のポイントのおさらいです、

1 酸性雨の雨と夜間撮影

2 懐かしい街とデッドテックなデザイン、

前回、引っ張りすぎまして失礼しました。
そして、三番目は、

3 複雑なストーリーと難解なエンディング

これも、公開当時、最大の謎とされていたところです、
種を明かせば、これも予算によるものだったのです、

当初、リドリー・スコットは、4時間にものぼる作品になる内容を検討していたのですが、
ハリウッドのスポンサーや首脳陣たちに阻まれて、ストーリーを大幅に変更、

その後、エンディングを当初、監督はとても暗いイメージのエンディングを考えていたのですが、
やはり、興業的なマーケットを考えて、いわゆるハッピーエンドに無理やり変更したことが、
メイキング作品から明らかにされます。

その流れは、ハリソンフォードが、複雑なストーリーを観客にわかりやすく説明するための、
ナレーションを入れることになったりして、、

それでも、ハリソンフォードは、作品を気に入っていたので、難色を表すのですが、
契約書にナレーションのことも書かれており、いやいや参加したこと、

でも、その後、ハリウッドを代表するトップスターになるだけあって、お客さんに判るように、
作品の質を上げたいと努力するその姿勢など、
目からうろこの内容盛りだくさんです。

その後、リドリー・スコット監督さえも、らハリウッドのスポンサーやボスから、
ブレード・ランナーの作品からも遠ざけられてしまいます。

それは、当初の脚本家をクビにした、リドリー本人がその報いを受けているかのようです。
「デンジャラス・デイズ」は、この作品が25年もたってから明らかにされる真実がたくさんあります。
クリエイティブ・ディレクターとして、インサイド側にいるものとして、とても興味深い作品です。

そんな悲劇が重なり、当時、興業的には大失敗した作品ですが、
その内容のカルトなもので、人気は下がるどころか逆に伝説化となるのです。

CGを使っていないアナログ作品での最後のSF映画
20世紀SF映画の歴史に残るアバンギャルドSF映画
21世紀のバラ色でない地球と未来の都市を先取り

最後に、
自らの命を絶った、「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」の原作者、
PK.ディツクが、短いパイロット版映像を試写室で見るエピソードは、一見の価値があります。

アメリカSF小説の、最高峰に位置面れ、かつ、カルトな人気を不動のものにしているPK.ディックが、
リドリースコット監督の、」オリジナル「ブレードランナー」にどのような感想を述べているのか?
ファンならずとしても、
大変興味のある内容です。

ネットや、ウェブ、タブレット端末がどんどん進化してゆく中、
未来を予言していた作品、「ブレードランナー」と「デンジャラス・デイズ」、
これを見ずして、未来を語るべからずな、極上の一品です。


このコラムに類似したコラム

『クリエイティブ大国・ニッポン』そう呼ばれる日がくるように。 眞鍋 顕宏 - コミックデザイナー(2013/05/10 11:07)

キャッチコピー狂時代 磯部 茂 - コピーライター(2013/07/27 15:00)

企業理解度を向上している”企業ベスト5” 採用広報プランナー 白井 千絵 - 採用コンサルタント(2013/06/18 17:00)

勤続疲労に勝つ! 松本 美和子 - クリエイティブディレクター(2013/04/09 11:01)

タダのものを有益なものに変える力 磯部 茂 - コピーライター(2013/03/19 10:51)