贈与税 1億6千万円非課税 - 確定申告 - 専門家プロファイル

大手町会計事務所 代表税理士
東京都
税理士
03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

贈与税 1億6千万円非課税

- good

  1. マネー
  2. 税金
  3. 確定申告
税金

平成24年度の税制改正では、贈与税は減税措置が目白押しです。

 

(1)住宅取得資金の贈与税の非課税枠1,000万円の延長

両親や祖父母からの住宅取得資金の贈与では、現状1,000万円までは非課税となっていますが、平成24年は1,000万円、平成25年は700万円、平成26年は500万円と非課税枠はだんだんと縮小されますが3年間延長されました。

 

(2)エコ住宅の非課税枠500万円の新設

省エネや耐震性に優れた住宅については、上記のほかに平成24年から3年間、500万円の非課税枠の上乗せがあります。

両方合わせて平成24年は1,500万円までの非課税が利用できます。

 

さらに、相続時精算課税では、従来通り2,500万円の非課税枠があるので、親からの贈与のうち、4,000万円が非課税となる可能性があります。

また、非課税枠は贈与者ごと設けられているので、両親、祖父母を合わせると1億6,000万円の大型贈与も可能となります。

ただし、従来床面積の上限は設けられていませんでしたが、240平米以下という上限が設けられました。

下限50平米以上は変更ありません。

特に平成24年は非課税枠が大きいのでマイホームを買う人にとってはありがたい改正となります。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 税理士)
大手町会計事務所 代表税理士

資産運用と節税のことならお任せ下さい。運用会社出身の税理士。

今の運用に満足ですか。今の税金の支払に満足ですか。今の相続対策に満足ですか。不安な時代だからこそ、確かな情報と信頼できる相談相手が必要です。運用も節税もすべてオンリーワンのオーダーメイド。土日早朝深夜も対応する身近なパートナー。

03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「税金」のコラム

流行の兆し iDeCo(2016/12/02 11:12)

まだ間に合う今年の節税(2016/11/30 15:11)

ていないしんし?(2016/09/14 18:09)

このコラムに類似したコラム

追加経済対策の概要 佐藤 昭一 - 税理士(2010/11/01 16:27)

住宅取得資金の贈与の非課税 佐々木 保幸 - 税理士(2012/05/21 16:10)

平成23年度税制改正の動向 大黒たかのり - 税理士(2011/06/10 11:35)

相続時精算課税は期限内申告が必須 大黒たかのり - 税理士(2011/03/10 09:38)

マイホームで節税 2億円贈与でも非課税 その2 大黒たかのり - 税理士(2010/07/02 10:41)