個人年金を考える - 保険の見直し - 専門家プロファイル

森 和彦
有限会社プリベント 
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)
羽田野 博子
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

個人年金を考える

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険の見直し
生命保険

個人年金を考える

 

最近、老後の生活資金を得るため、個人年金保険を買う方が増えています。

個人年金保険の種類には、定額年金と変額年金とがあります。

その中で主に注目を集めているのは、リスクを伴う変額年金となっています。

では、定額年金と変額年金の違いについてどう違うのかをみてみましょう。

1 定額年金とは
定額年金とは、契約時点で、将来受け取る保険金の総額があらかじめ決まっているものとなります。
よって、将来の資産設計が立てやすく安心できます。
しかし、株価の上昇などがあっても受け取れる保険金額が増えることはありません。


2 変額年金とは
変額年金とは、支払った保険料を保険会社が株式や債券などで運用し、その成果により将来受け取れる保険金が変わるものとなります。
株価の上昇などにより運用が成功すれば保険金額が増えますが、失敗すれば支払った保険料を下回ることもあります。

上記のようにそれぞれメリット・デメリットがありますが、運用成果の向上により年金額の上積みを見込めるとの理由によりリスクをとっても変額年金を選ばれる方が増えてきています。

老後の生活資金のため個人年金を考えられている方も多数いらっしゃると思いますが、購入の際はよく内容を確認し、リスクを十分理解してから一番あっているものを選びましょう。



こちらをどうぞ↓

保険業界で頑張る社長のblog:
http://prevent.blog.so-net.ne.jp/

 

ファイナンシャルプランナー 森 和彦 

このコラムに類似したコラム

個人年金保険と変額個人年金保険の違いは? 田中 香津奈 - CFP・社会保険労務士(2015/06/15 07:00)

保険市場サイトに積立保険のコラム掲載 久保 逸郎 - ファイナンシャルプランナー(2013/03/09 18:01)

市の広報に載っていた、とても大事な話 石川 智 - ファイナンシャル・プランナー(2012/11/04 11:47)

10月の個別相談会 ご案内 釜口 博 - ファイナンシャルプランナー(2012/09/18 16:00)

保険はだれから買うべきか? 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2012/02/09 01:31)