円高・株安の今こそ投資を考えよう - 家計・ライフプラン全般 - 専門家プロファイル

森本FP事務所 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

円高・株安の今こそ投資を考えよう

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計・ライフプラン全般
くらしを守るマネー管理術

円高が続いています。

2007年に1ドル=120円だったものが、今78円です。

米国側から見ると、その間、円投資で、+50%以上の運用ができたわけです。

ところで、今後も円は、値上がりを続けるのでしょうか。

もしそうなるとすれば、その理由は?

個人的には、円高は、そろそろピークに達しつつあると見ています。

例えば、円預金という金融商品を考えてみてください。

今銀行は、預金を使って、大量に日本国債を買っていますので、
円預金というのは、間接的にその多くを日本国債の購入に充てる商品です。

貯蓄性のある保険も、同じような考え方です。

そして、日本国債を買うという行為は、
かみくだいていえば、日本政府に対して、お金を貸す行為です。

多くの人が、さすがに日本政府が潰れることはないだろうと
見て、安心して、日本政府にお金を貸しているわけです。

確かに、日本政府が、ある日、突然倒産することは、考えにくいです。

ですが、日本政府の財政状況は、さまざまな報道からも
わかるように火の車です。

日本国債は、約95%が国内で買われているので、
大丈夫、問題ないとする説もありますが、もしこの説でいくとしても、
貸し手の多くは、日本国民となりますので、日本政府の
資金繰りがいよいよ行き詰まったときは、日本国民が
大幅な増税や年金カットを受け入れなければ理屈に合いません。

今の政治状況をみれば、極端な増税や年金カットを
強行できる状況にないことは、明らかです。

個人的には、近い将来、日本国債の価値が
急落(金利は急上昇)する可能性も少なくないとみています。

そのときは、同時に円安トレンドに振れるとみています。

また、同時にデフレからインフレに向かう懸念もあります。

不動産バブル、ITバブルなど、あとで、バブルと名付けられる動きは、
いつもはじける前にとてつもない上昇をします。

今見えている現象がすべてと思わず、
円高・株安の今、くらしを守るという観点から、
海外投資や株式投資などを真剣に考えていった方がよいと思っています。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「くらしを守るマネー管理術」のコラム

株価は、先読みをして動く(2011/12/22 18:12)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

セミナー くらしを守るマネー管理の勉強会(公開講座)

守りながら年5%超を目指す資産運用の考え方

料金
無料

将来の夢や希望を叶えるためには、ライフプランが必要です。
そしてお金の専門家は、投資リスクを時間の中でコントロールしながら手段としてのお金を守り殖やす具体的な財務戦略を立案します。
あなたの暮らしを豊かにする最新の答えをぜひこの勉強会で見つけてみてください。

くらしを守るマネー管理の勉強会(公開講座)

このコラムに類似したコラム

【年金】11月6日 働く女性のためのマネーセミナー「じぶん年金の作り方」 高橋 成壽 - ファイナンシャルプランナー(2013/10/15 14:00)

変わる年金制度、私たちの家計にどう影響する? 平野 直子 - ファイナンシャルプランナー(2012/12/28 05:00)

お金の価値ってなんだろう 森本 直人 - ファイナンシャルプランナー(2012/11/07 16:17)

12年度予算案、くらしこう変わる 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2011/12/27 09:51)