フェルメールの光と影 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

ウジ トモコ
代表取締役 アートディレクター
東京都
アートディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

フェルメールの光と影

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン
無意識と視覚戦略 魅せる戦略、見せない戦略
「光を描くためには、影を描く」とは、絵画を学ぶ人なら誰でもが学ぶことです。つまりこれは、見せたいものを決めたら「見せない覚悟をも決める」ということ。

こんにちは ウジトモコです。

国立新美術館開館記念
フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展
http://milkmaid.jp/index.html

が開かれていますね。
9月末から開催されていて、あいかわらず盛況のようです。人ごみをめがけて出かけるのが苦手な私としては、いまだ様子を伺っているところですが、芸術の秋、是非、押さえておきたい展覧会のひとつ。

フェルメールは、その印象的な光の中の精巧な描写、計算されつくした構図や遠近法、また高価な画材を使用した鮮やかなブルーの色彩を用いて、一瞬にして見る人の視点を釘付けにし、吸い寄せるように記憶に焼き付けてしまう、時代を超えて愛されるオランダの画家です。

サルバドール・ダリ(Salvador Dali, 1904年 - 1989年)がフェルメールを絶賛していたことはあまりにも有名ですが、没後、プルーストやクローデルといった文学者などからも高い評価を得ていたとか。

私が普段、実務でやっていることは、ビジネス戦略の「あれも言いたい」「これも言いたい」を何とか交通整理して、ターゲットに向けた印象的な視覚メッセージに置き換えることなので、この巨匠の「覚悟」「計算」「実践」には恐れ入るばかり。

時代を超えて支持され、愛される名画からは、まだまだ学ぶことがたくさんあるようです。

美術館の「たいへん混んでおります」表示を避けて、なんとか、足を運ばねば・・・。

今日も気持ちのいい秋晴れ。スポーツの秋、読書の秋、そして、芸術の秋!ですね(笑)。