40代からのメタボ対策~メタボになるきっかけを考えよう~ - ヨガ・ピラティス教室 - 専門家プロファイル

チェアロビクス創案者 フィットネスアドバイザー
ピラティスインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
福島 多香恵
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

40代からのメタボ対策~メタボになるきっかけを考えよう~

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ヨガ・ピラティス教室
チェアロビクス

忘年会シーズン到来して、

飲食の機会が増えています。

震災の影響も大きく、最近は自宅飲みが増えているようです。


人と人が絆を深めるためには飲食をともにするといいといわれていますが、

注意しなければいけないことがあります。

どんな空間であったとしても、

自分を見失わないことが必要です。

どんなにお酒や食事をすすめられても、

胃袋が破裂するほど食べ続たり飲んだりしたらメタボへの道、まっしぐらです。

それをきっかけに胃袋が大きくなって、

いつもたくさん食べるようになってしまうでしょう。


そんなばかなこと!とおっしゃる方がほとんどだと思います。

それでも、人と会うことによる緊張感や嬉しさ・仕事のストレスなどから、

感覚が麻痺して自分の限界以上の食べ物をうけいれてしまうことがあるんです。

気をつけたいものです。


そう考えると、

メタボのはじまりは、

自分を大事にしないことからはじまる可能性が高いといえるでしょう。

自分を大事にできる人が人を大事にできるのです。

メタボを断ち切る連鎖をつくって、よりよいコミュニケーションをつくっていきましょう!


チェアロビクスで姿勢が変わる!気持ちが変わる!

http://www.chairobics.co.jp






カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ピラティスインストラクター)
チェアロビクス創案者 フィットネスアドバイザー

チェアロビクスで姿勢が変わる!気持ちが変わる!

ゆっくりとした呼吸とともに気持ちよく身体を動かしましょう。運動が苦手な方でも大丈夫!お悩みに応じて、あなただけの、手作りエクササイズレシピをご用意いたします。美しい姿勢をつくりながら、心のこりもストレッチします!

カテゴリ 「チェアロビクス」のコラム

このコラムに類似したコラム

花粉症対策-首回りをほぐしましょう 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2015/03/07 13:30)

花粉症の要因は頚椎の歪みにあり!? 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/02/24 17:51)

エコノミークラス症候群の裏にあるストレスへの対応 福島 多香恵 - ピラティスインストラクター(2016/04/20 00:14)

『休養はなぜ大切なのか?』あなたもここでひとやすみ。 福島 多香恵 - ピラティスインストラクター(2016/04/15 18:43)

地震対策会議を開きました~レッスン中に地震がきた場合~ 福島 多香恵 - ピラティスインストラクター(2015/06/13 22:52)