妊婦健診公費負担の全国平均9万4581円 - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

森 久美子
エフピー森 代表 
神奈川県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
服部 英樹
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

妊婦健診公費負担の全国平均9万4581円

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
子育てとお金(ライフプランから考える子育て)

こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの森久美子です。

お金のことは、よく分からないからとあきらめてはいませんか。お金と上手につきあって、ちゃんと暮らしたいと思っているあなたの「マネー力」をつけるためのコラムです。

 

妊娠中に、妊婦と胎児の健康状態をチェックし、妊婦と胎児の健康を維持するのが妊婦健診です。

安全な出産のためには欠かせません。

 

妊娠初期から出産までに、合計13~15回ほど受けることが多いと思います。

1回の費用は、自己負担で約5000円くらい。血液検査や超音波検査を行う場合は1万円を超えることもありますね。

 

その妊婦健診で、一人あたりの公費負担額が、都道府県により最大6万1千円の差があったことが、厚生労働省の調査でわかりました。

妊婦健康診査の公費負担の状況にかかる調査結果について

 

全国平均は、9万4581円で、都道府県別では山口県の11万6315円が最高額でした。

 

最低だったのが、大阪府の5万4431円で、次いで愛媛県の6万1760円、神奈川県の6万2286円と続きます。

 

市区町村別では、岐阜県白川村が最高額の16万4870円!

最低額は、大阪府八尾、泉佐野、高石の3市で、いずれも3万5000円でした。

 

どこに住むかで、出産費用にも差が出てきますね。

 

 

森久美子が提案する快適ライフhttp://fpmori.com/

 

森久美子の暮らしレシピhttp://fpmori.blog13.fc2.com/

 

このコラムに類似したコラム

平成23年度中に百歳になる人は24、952人! 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2011/09/27 23:00)

葬儀費用の平均は112万円 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2011/01/12 16:00)

介護保険の改正 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2010/11/22 07:00)

残業、17カ月連続減少中 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2016/09/02 09:00)

「日本の出生数100万5656人に!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2016/07/15 11:04)