ロングステイ 公的医療の保険料納入 の方法 - 外国生活 - 専門家プロファイル

オフィスマイエフ・ピー 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:海外留学・外国文化

大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
奥村 美里
(英語講師)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ロングステイ 公的医療の保険料納入 の方法

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 海外留学・外国文化
  3. 外国生活
ロングステイ 海外ロングステイ

医療保険も国民年金同様、住民票を国内に置かれている場合は、加入と保険料の支払義務があります。

前掲のコラム、海外の医療費は帰国後健康保険に請求しましょうでご案内しました通り。医療費は還付されますので、保険料は公的年金と同様口座振替をされるようお勧めします。

国民健康保険の場合、お住まいになっている市区町村内の主要な金融機関の窓口に当該市区町村用の国民健康保険口座振替依頼書が置いてありますので、記入して提出すれば2.、3ヶ月後に振替が始ります。

組合健康保険の場合は加入されている組合に口座振替の用紙をご請求下さい。
サラリーマンで退職者の場合任意継続や特別退職者として前職で加入された保険組合を継続している方は既に口座振替の手続きをされているものと思います。

また、後期高齢者が加入される、長寿医療制度は制度的には国民健康保険と同様の扱いとなります。従いまして、海外での医療費への支払と高額療養費制度の適用が受けられます。

文責
ロングステイ財団登録ロングステイアドバイザー、
ファイナンシャル・プランナー 吉野充巨

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ロングステイ」のコラム

このコラムに類似したコラム

ロングステイ 海外で負担した医療費は帰国後健康保険に請求へ 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2011/12/25 10:00)

ロングステイ 海外滞在と社会保険 (国民年金) の納め方 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2011/12/21 10:00)