4.経営者保険・事業保険について(前編) - 保険選び - 専門家プロファイル

大関 浩伸
株式会社フォートラスト 代表取締役 FP技能士
東京都
保険アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
森 和彦
森 和彦
(ファイナンシャルプランナー)
伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)
田中 香津奈
(CFP・社会保険労務士)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

4.経営者保険・事業保険について(前編)

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険選び
ベンチャー企業・社長さんが検討すべき保険とは・・・
「社長は経営者なのですから、大型保障の1億円は確保すべきです。」というトークを
よく耳にしますが、その根拠、つまり、1億円が入ってきたおかげで、これまでと
同様の事業が継続できるというものであれば、その提案はひとまず正解です。

しかし、1億円では復旧できない、もしくは、保険金が入ってこなくても、事業存続には
支障が無いというものなら、その提案は、必ずしも適切ではないということになります。

何となく安心というものでなく、必要性の根拠を確認すべきでしょう。

社長さんへの保障と一口にいっても、背景は、全く異なりますから、
「社長だから、とりあえず1億円の保障を」というのは、大雑把過ぎて、説得力に欠けた
表現に思えてしまいます。

検証のために、一例を挙げます。

ここに3人の社長さん(A・B・C全て40歳として)が居ます。
  
・Aさんは、創業30年、役員20名、従業員500名の上場企業社長(2代目)
・Bさんは、創業15年、役員5名、従業員50名の中小企業社長(創業者)
・Cさんは、創業 2年、役員3名、従業員5名のベンチャー企業社長

果たして、3人とも社長さんだから、全て「大型保障」が必要なのでしょうか?

(後編へ続く)