キッチンの収納(食品庫編) - オーダーキッチン・収納 - 専門家プロファイル

石井 純子
Office-j 
埼玉県
インテリアコーディネーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:オーダー家具・装飾品

野澤 祐一
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)
稲垣 史朗
(リフォームコーディネーター)
稲垣 史朗
(リフォームコーディネーター)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

キッチンの収納(食品庫編)

- good

  1. 住宅・不動産
  2. オーダー家具・装飾品
  3. オーダーキッチン・収納

キッチンは、食事を作るための場です。つまり作業の場になる訳ですね。作業というのは、やはり効率よく行いたいですよね。

効率よく作業をするには、人の動き、つまり動線を考慮することも大切です。人の動きと、道具や食品の収納場所が関連付けられていなければ、無駄な動きが生じます。

作業のために必要な道具が、キッチンにはたくさんありますが、当然ながら道具だけではありません。

食品もたくさんありますね。

冷蔵庫の中だけでなく、調味料や乾物、保存食品など、皆さんはどこにしまっていますか?

時々、キッチンのシンク下のスペースに、食品を保存している方がいますが、ここは排水管などもあり、案外湿気がこもる場所です。食品の保存には適しません。また、床に近い位置は、ホコリが入りやすいという点からも、やはり適してはいないと言えるのです。

衛生面を考慮すると、引き出しなどにまとめて収める方が良いようです。入りきらない場合は、食器棚や家電を置くスペースなども見てみましょう。

最近は、壁に向かっているキッチンよりも、部屋の方を向いている対面型のキッチンや、オープンタイプのキッチンが人気です。

キッチンに立っていても、部屋が見えるので、小さなお子さんを育てている場合、安心かもしれません。ただ、部屋からもキッチンは見えてしまいます。きれいな状態を保つことができればいいのですが、毎日のこととなると、結構大変ですよね。

できるだけキッチンにモノを出さないようにするには、別にしっかりと十分な収納スペースを確保して、定位置を作ることが必要です。

そのために、対面キッチンやオープンキッチンの場合は、プランとして可能であれば食品庫の設置をおススメしています。大きなスペースは必要ありません。奥行き20センチもあれば十分です。というよりも、そのくらいの浅い奥行きの方がぐっと使いやすくなります。

瓶ビールをケースで買っているご家庭や、玄米をどっさり購入するご家庭、また梅酒や果実酒などを大量に作っているようなご家庭であれば、大きな食品庫が重宝しますが、そうでなければ、缶詰や乾物、調味料などは小さな奥行きがベストです。

収納、特に奥行きの寸法に関しては、大は小を兼ねる、とは限りません。

そして、収納を考える以前に、家族構成や自分の生活パターンに合った量のモノや食品を持つことを心がけたいですね。

それはキッチン以外でも同じこと。

収納以前に、自分たちの「暮らし方」を改めて見つめ、向き合ってみることが重要なのです。

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

キッチンの収納(引き出し編) 石井 純子 - インテリアコーディネーター(2011/12/15 20:30)

キッチンの収納(食器棚編) 石井 純子 - インテリアコーディネーター(2011/12/17 18:46)

家事セラピストとは? 村上 有紀 - 建築家(2010/10/23 11:13)

自分に必要な暮らしの要素とは? 村上 有紀 - 建築家(2010/10/24 11:00)

キッチンの対面カウンターも新しくしたカウンター下収納 今井 大輔 - インテリアデザイナー(2014/03/18 16:00)