状況によって使い方は変わる - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

状況によって使い方は変わる

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、12月も折り返し地点を過ぎました。

年末はお休みも多いので、実質あと一週間程度ですね。


昨日からの続き、小さな会社と会計について。

自己資本比率が高いことが非難されていた時代もあった、

という今からすると首を捻ってしまうお話。

しかし、これは実はたった数年前のことだったりするのですが。


自己資本比率を成長性を測るための指標として考えると

確かにこの数値は低いほうが好ましいかもしれません。

しかし健全度を測ろうとするならば、やはり高いほうが好ましいです。

つまり経済全体が好調だったり当座倒産の危険性はないかな?と

楽観視できる状況(そんな状況あるかは分かりませんが)であるなら

成長性で、そうでないなら健全性でこの指標は使われるべきなのかと。


今のような状況なら、迷わず健全性を測る指標として活用すべきでしょう。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

呼吸(2016/12/02 07:12)

リラックス(2016/12/01 07:12)

システマ(2016/11/29 07:11)

このコラムに類似したコラム

流すだけではだめ 高橋 昌也 - 税理士(2012/01/07 01:00)

総資本回転率 高橋 昌也 - 税理士(2012/01/06 01:00)

自己資本と総資本、ケースバイケース 高橋 昌也 - 税理士(2012/01/03 01:00)

総資本か自己資本か 高橋 昌也 - 税理士(2011/12/31 01:00)

自己資本利益率 高橋 昌也 - 税理士(2011/12/30 01:00)