勝手口をふさぎ外壁にしたあとの塗装の仕上げ - 新築工事・施工全般 - 専門家プロファイル

杉本 茂光
代表取締役社長
工務店

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新築工事・施工

秋葉 忠夫
秋葉 忠夫
(工務店)
杉浦 繁
杉浦 繁
(建築家)
田中 伸裕
(建築家)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

勝手口をふさぎ外壁にしたあとの塗装の仕上げ

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 新築工事・施工
  3. 新築工事・施工全般
トラブル事例
コラム再開に際し、去年のコラムの続きというか仕上げを説明します。遅くなり申し訳ございません。

サンダーで完全に前の塗装を削り、本来なら同じ模様に吹きつけをして色上げですが、近隣への塗料の飛散やなお客様のご負担が増えないように一日で仕上げまですることを考え、お客様の許可をいただいた上で砂骨ローラーを使い、廻りの模様に近づけました。

写真?は削った面と新しい模様とをキチンと密着させるため砂骨ローラーで模様をつける前に浸透性のシーラーを事前に塗ります。

そして色を回りに合わせ色上げをします。もちろん廻りの外壁の模様とは多少違いますが、枠で仕切られてるのと家の裏側であり目立たないのでこのような施工にしました。完成が写真?です。

なかなかキレイになりましたでしょ♪