売上を120%にするコーチング??? - ビジネスコーチング - 専門家プロファイル

阿江 忠司
コーチングOFFICE「気心地」 代表
兵庫県
ビジネスコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

売上を120%にするコーチング???

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. ビジネスコーチング

「売上を120%にするコーチング」について社労士の先生と

話をしていました。


コーチB「売り上げを120%にするコーチングって興味ありますか?」

社労士A「そんなことできます?」

コーチB「できます。」

社労士A「そんなこと保証できるんですか?」

コーチB「本当に経営者が売上を120%にしたい、

      120%にするんだと思っているなら可能だと思います。」

社労士A「そりゃ思ってるでしょ、経営者だったら」

 

本当に120%にしたいと思っている経営者はどれくらいいるのでしょうか?


今の現状を考えたら「できたらいいな」と思っているけど

「出来る」とは思っていないのではないでしょうか?

「本当に120%にしたい」と思っているでしょうか?

 

そして、


売上についてどれくらい考えているのでしょうか?

1日のうちどれくらい(何時間くらい)それを考えていますか?

そもそも「売上」ってなんでしょうか?

 

お客様の立場に立って考えているでしょうか?

お客様から見た「売上」の意味は?と聞かれたらなんと答えますか?


この質問の意味さえ理解できないかも知れません。

別の質問をすると、


お客様がなぜ、あなたにお金を支払うのでしょうか?

それが増えると売り上げは上がりますよね。

それはどんなことでしょうか?

考えてみてください。

 

どんなお客様があなたのお客様でしょうか?

年齢は?

性別は?

どんなことが趣味でしょうか?

お客様の仕事はどんな仕事?その時間帯は?


多くの場合お金を払うのは、

「必要となることが満たされる」

「困っていた問題が解決する」

「欲していた結果が得られる」


必要なことってどんなこと?

困っている問題ってどんなこと?

欲していた結果ってどんなこと??

 

そしてお客様が買わない理由はなんでしょうか?

それに対する対策はありますか?

 

これらを具体的に作り出していけば「売上」は上がるはず。

あなたは、本当に売り上げを120%にしたいと思っていますか?

 

 売上の大きさはお客様からの「感謝の大きさ」と言えるかもしれません。

お客様にどんな感謝をしてもらいたいですか?

お客様になんと言ってもらうと嬉しいですか?

 

考えてみましょう。

そんな努力をしてみてください。

一人ではできなければコーチと共に。

このコラムに類似したコラム

「分かってくれない」は、自分のせい 山内 ケイト - ビジネスコーチ(2012/09/05 23:36)

今までの考え方でいいのかな? 須貝 光一郎 - ビジネスコーチ、経営者コーチ(2012/06/19 13:00)

経営者の悩み 須貝 光一郎 - ビジネスコーチ、経営者コーチ(2012/03/22 00:04)

今後稼げる仕事を考える 須貝 光一郎 - ビジネスコーチ、経営者コーチ(2012/02/09 00:50)

決断の時に誰に相談したいか? 須貝 光一郎 - ビジネスコーチ、経営者コーチ(2011/12/29 22:00)