査定額の決め方はこんなに適当? part-1 - 不動産売買全般 - 専門家プロファイル

大川 克彦
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

楯岡 悟朗
(不動産コンサルタント)
徳本 友一郎
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

査定額の決め方はこんなに適当? part-1

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 不動産売買全般
適正価格で早期売却!
定期的にポスティングされる『当地域限定で探しているお客様がいます!』という広告をよく見かけると思います。

特にマンションにお住まいの方ならよくご存知だと思いますが、マンションのポストには毎日のように不動産会社から「このマンション限定で探しているお客さまがいます」というチラシが入ってきます。

売却を考えていない方には全く効果のないチラシですが、売却を考えている人にはこれが気になって仕方がない状況になります。

中にはより具体的に「大手町勤務で、近隣の社宅住まいの方が社宅の費用負担が増加するという理由で\4,000万の予算で探しています」というように書かれているものもあります。それが、相場より少し高めだったりすると、「もしかして・・・」と思って、すぐに電話してしまうものなのです。

では、本当にそんなお客さまがいるのでしょうか?

わかっていると思いますが、100%に近い確立で「そんなお客さまはいません」という結果です。
 
特に同じマンションで何件も売りにでている部屋があるにもかかわらず「このマンション限定で…」というチラシが入ってきます。 よく考えれば誰でもわかりますよね!

ところが、自分が当事者になってしまうと「高く売りたい」「早く売りたい」という気持ちが先に立ってしまい、どうも冷静な判断ができなくなってしまうようです。

そのときを狙って不動産業者はいとも簡単に懐に入りこんでくるのです。
 
この不動産業者の目的はひとつです。 

とりあえず高値でいいから専任媒介契約を結ぶことです。

 
part-2 に続きます!