日経記事;ホンダスポーツ車再参入NSX後継車3年後に に関する考察 - 新規事業・事業拡大全般 - 専門家プロファイル

グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表
神奈川県
経営コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日経記事;ホンダスポーツ車再参入NSX後継車3年後に に関する考察

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 新規事業・事業拡大全般
情報・知識 ビジネス雑感

皆様、
おはようございます。
グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。

12月13日付の日経新聞に、『ホンダがスポーツ車再参入 「NSX」後継車3年後に若者のクルマ離れに対抗 』のタイトルで記事が掲載されました。

本日はこの記事に関して考えを述べます。

記事の主な内容は以下の通りです。

『ホンダは12日、スポーツ車市場に再参入することを明らかにした。1990年代に人気を博し、2005年に撤退したスポーツ車「NSX」の後継モデルを3年後をメドに発売する見通しだ。

トヨタ自動車も12年春にスポーツ車を発売する予定。日本車各社は近年、エコカーや小型車に注力してきた。若者の車離れが進む中、車の魅力の一つである「走り」が売り物のスポーツ車に再注力する。

ホンダは12年1月に米ミシガン州で開催される北米国際自動車ショーにスポーツ車の試作車「NSXコンセプト」を出展すると発表した。3年以内に量産モデルを発表するという。

高級車ブランド「アキュラ」に設定し、ハイブリッド車(HV)とする。販売地域などは未定。

NSXは90年に発売。当初価格は800万円で日本はバブル景気に沸いていたこともあって3年先まで予約が入る人気だった。海外でも高い評価を得て日米欧で累計1万8700台を販売したが、環境規制の強化を受けて05年に生産を中止した。

ホンダは08年に自動車レースの最高峰とされるフォーミュラ―ワン(F1)からの撤退を表明。市販車も売れ筋の車種に絞り、経営効率を高めてきた。

こうした戦略は筋肉質の経営につながった半面、「ホンダらしさ」が失われたとの声も聞かれる。伊東孝紳社長は「画びょうのようなとがった商品を開発できる体制作りを進めてきた」と話し、スポーツ車への再参入でブランド力を再構築する。

ホンダは12日、アキュラブランドに比較的価格が安い新モデル「ILX」を12年春に北米で発売することも表明、北米国際自動車ショーに出展する。若年層を開拓する。

スポーツ車ではトヨタが「86(ハチロク)」を12年春に発売する予定。同社の小型スポーツ車発売は99年の「MR―S」以来となる。

日産自動車は量販車にスポーツ車用エンジンを搭載するなどしてモータースポーツブランド「NISMO(ニスモ)」を再強化する方針を明らかにしている。

自動車各社がスポーツ車に回帰する背景には国内市場などで長引く需要低迷がある。近年、エコカーや小型車の開発に注力する中、車の魅力が薄れたことが若者の車離れの一因になったとの見方も出ている。』


自動車は、実用的な面と趣味性の両方を満足させられなければ売れない商品です。走行性、居住性、デザイン性などの個人のし好に合わせた面がないと、販売数量が伸びません。

信頼性や高耐久性は、今の国内自動車にとって持っていて当たり前のもので、これらがないと自動車市場という土俵に乗れません。

私も若い時、スポーツ車が好きでホンダや日産などの車が好きで乗り回していました。走行性やデザイン性などを重視して車を選んだことを覚えています。

その当時と今の状況を比べると、経済環境が大きく異なる以外に、以前は若者が楽しむ嗜好品的なものが少なく、自動車があこがれの対象になり、他の支出分を倹約してもしょうしょう無理をして車を購入していました。
それだけ車の魅力が大きく、運転する楽しみは格別のものでした。

今は、スマホやパソコンなど数多くの嗜好品があふれ、個人の好みも多様化しているため、購入価格が相対的に高く、維持にもそれなりのコストがかかる車への関心度が低くなっています。

自動車は、主に価格や高燃費性能などの実用的な面から選ばれることになり、「生活の足」としての機能が果たせれば事足りる存在となりました。

少子高齢化と人口減少、及び都会を中心にした車離れの傾向が強まり、国内の自動車市場は縮小しています。
車市場の縮小は、日本だけでなく先進国共通の状況になっています。

各自動車メーカーは、日本や先進国市場で起こっている状況に危機感を強めており、車の魅力を高めて若者に車に目を向けてもらうための方策を打ち出し始めました。

その方策の一つがスポーツ車タイプとなる趣味性の高い車の再投入です。今までのスポーツ車は、走行性は良いが燃費性能が低いものでした。これも人気が無くなった要因の一つでした。

トヨタは、記事にありますように2012年に86(ハチロク)を投入します。ガソリンエンジン車で走りを重視したスポーツ車タイプです。

幾つかの情報をみますと、86(ハチロク)は2リットルエンジン搭載のセダンに匹敵する燃費とのこと。トヨタのプレミオ2リットル車の10・15モード燃費が15.6km/リットルですから、この燃費を実現できますとスポーツ車タイプの車としてはかなりの燃費性能を出します。

何れのスポーツ車タイプの車は、ある程度の燃費性能が要求されます。ホンダは、HVでスポーツ車タイプの車を投入し、走りの楽しさと高燃費の両立を狙います。

トヨタやホンダは、一定程度の燃費性能を出しながら走りの面白さを体感できる車づくりを目指しています。
環境対応しながら乗用車市場に新規刺激を与えて、市場活性化と拡大に結び付けようとする動きに注目しています。

これらの施策により、世界市場(特に先進国)で若者が車を購入し楽しむようになると新たな市場を作れ、国内経済にも好影響を与えます。

よろしくお願いいたします。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー GBM&A 山本 雅暁

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)
グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表

起業・企業存続の為の経営戦略立案・実行と、ビジネススキル向上

起業及び、事業拡大や経営合理化を目指す企業に対して経営コンサルを行います。大手メーカーで得た経験を活かし、補助金活用、アライアンスやM&A、市場分析に基づいた事業戦略策定・実行や事業再生を支援します。OJT研修でのビジネススキル向上を支援します。

カテゴリ 「情報・知識」のコラム