通院の負担が軽くなる?自己注射 - 毎日のつらさ - 専門家プロファイル

松本 敏樹
そあら鍼灸院 院長
東京都
鍼灸師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心と体の不調

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

通院の負担が軽くなる?自己注射

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心と体の不調
  3. 毎日のつらさ
西洋医学

欧米では以前から使用されていた自己注射。

認可がおりてから日本でも使用されている方は増えているのではないでしょうか(フォリスチムペンやゴナールエフ皮下注ペンなど)。

糖尿病の方が自分でしているインスリン注射と同じようなペン型です。

卵巣刺激をしている方は、頻繁に注射を打ちに病院に通わなくてはならず、大変な思いをしている方も多いと思います。

病院までの通院時間や待ち時間、その交通費、

通院回数が減るなど負担が軽くなるメリットがあります。

使う前は、なんだか怖そう、自分で刺すのが怖いというイメージもあるみたいです。

病院によっては、

看護師さんがマンツーマンで指導する。(最初は看護師さんが一連の説明をして、患者さんが実際に刺してもらうところまでみてくれる)

時間外でも緊急電話がつながる。

DVDやパンフレットをもらえる。

セミナーを開いている。

などバックアップ体制もしっかりしているようです。

薬剤も少量で針も細く、筋肉注射と違い皮下注射なので注射の痛みが苦痛な方にとってもいいかもしれませんね。

実際使ってみたら、痛くないし楽だから助かるという声も確かによく聞きます。

いつもLHが低いなど適さないケースもあると思われますが、試してみたい方は病院で先生と相談されるといいと思いますよ。

 

そあら鍼灸院

このコラムに類似したコラム

7月の妊娠報告 徐 大兼 - 鍼灸師(2013/07/03 16:06)

~原坊の朝顔~ 一緒に育ててみましょう! 徐 大兼 - 鍼灸師(2013/05/16 15:32)

気持ちが明るくなるタッピングプレイ 鶴田 育子 - 心理カウンセラー(2012/12/08 22:30)

気功教室のお知らせ 日色 雄一 - 鍼灸師(2012/10/10 17:49)

ツボ講座 in 行徳駅前店 忠地 珠里 - 薬剤師(2012/05/03 14:40)