バレーボールの個人指導 2 - 子供のお稽古全般 - 専門家プロファイル

斎藤 利
東京バレーボールアカデミー 代表
東京都
スポーツインストラクター
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

バレーボールの個人指導 2

- good

  1. 育児・教育
  2. 子供のお稽古
  3. 子供のお稽古全般

前回は、

 

バレーボールスクール、個人指導の役割ということについて触れました。

 

今回は特に「個人指導」について書いて見たいと思います。

 

↓でも触れていますので、もし興味のある方はこちらも見てみてください。

http://blog.goo.ne.jp/stake178/e/2a547c47046d485aaa8451536e7786ed

 

 

 

チームを指導している方にとってプレイヤーの技量というのは、

 

チーム力を基本としたポジションや役割に応じたものを中心に考えなくてはいけません。

 

それは役割としてとても明確であり、想像もしやすいことでしょう。

 

たとえば、セッターにしたい選手がいたとして、

 

その選手には主に「トスをする」動作に関連したことを中心に指導するはずです。

 

 

 

では視点をプレイヤーに移してみましょう。

 

セッターをやれと言われた選手が、本当はアタッカーがやりたいとしたら?

 

おそらく、スパイクの練習をしたいと思うことでしょう。

 

チーム事情でセッターをやることになったとしても、

 

スパイクの練習はやりたい、そう思うのではないでしょうか。

 

スクールの個人指導というのは、

 

そういった『個人の希望を叶える場所』だと思っています。

 

 

今のはひとつの例ですが、他にも次のような例があげられます。

 

●基本を教えてもらいたい

 

●習得したいプレーがある

 

●バレーボールをやってみたい

 

 

 

これらはすべて、『個人の希望』です。

 

チーム指導者とはチーム力を上げる使命があるため、

 

個人の希望や個人の基礎力向上というのは当然後回しになります。

 

それは役割として当然です。

 

バレーボールをやってみたい、という理由でチームに参加したとしても、

 

指導者に基礎を教えてもらうことが出来なかった経験のある方は、

 

それはこういう理由があるためです。

 

それでバレーボールを嫌いにならないで頂ければと思います。

 

 

 

練習時に、

 

スパイク打つ時にかぶってる!!」

 

「アンダーで腕を振るな!!」

 

と注意されたとして、その意味も分かったとして、ではどうすれば?

 

なぜそうなってしまうのか?

 

原因は?治し方は?

 

こうやってやればいいのか?

 

など、注意された側にはいくつもの?が付いて回ります。

 

ですが、

 

チーム練習中に指導者やチームメイトにそんなことをいちいち聞いてはいられません。

 

チームのための練習ですから、

 

自分のために時間を使うことに気が引けてしまうのです。

 

また注意する方も、

 

そこまで細かく教える時間も余裕もないことがほとんどでしょう。

 

 

 

個人指導となると、

 

・なぜそのミスが発生するのか

 

・より良い方法はどんなのか

 

・上手くいくときの感覚や練習法はどんなのか

 

・今のプレーは良いのか悪いのか

 

ということを、その人に合わせた表現や練習方法、言葉で伝えることが出来ます。

 

今までの「?」に対しダイレクトに答えが返ってくるため、

 

プレーに対して納得できることが多くなると思います。

 

 

 

個人指導を上手く活用する方法は他にもあるかと思います。

 

ぜひ上手く活用して、少しでも楽しいバレーボールライフを満喫してほしいと思います。

 

 

バレーボールスクール 個人指導

東京バレーボールアカデミー

 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

バレーボールの個人指導 1 斎藤 利 - スポーツインストラクター(2011/12/18 12:00)

バレーボールスクール 斎藤 利 - スポーツインストラクター(2011/12/10 17:00)

へたっぴの気持ち 斎藤 利 - スポーツインストラクター(2011/12/23 17:00)

バレーボールを楽しむために必要なこと 斎藤 利 - スポーツインストラクター(2011/12/17 17:00)

コミュニケーション 田崎 寛子 - 塾講師(2014/11/23 13:07)