事業転換成功のカギとは? 例の、、、 - 経営戦略・事業ビジョン - 専門家プロファイル

萩原 貞幸
株式会社ファンドファンクション 代表取締役社長
大阪府
経営コンサルタント/起業家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
西野 泰広
(経営コンサルタント)
大坂 寿徳
(保険アドバイザー)
石川 雅章
(広告プランナー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

事業転換成功のカギとは? 例の、、、

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営戦略・事業ビジョン

事業転換成功のカギとは? 例の、、、

 

12月8日 日経新聞において 富士フィルムの事業転換が

 

紹介されていた。

 

私も常々 富士フィルムの時代を先取りした事業戦略には

感心していました。

 

実際、社名から「写真」を取って

「富士フィルム」としたほどです。

 

 

昔のフィルムを使った写真機から、デジカメへ

 

この急激な変化に対して、いち早くフィルムから脱し

 

医療をはじめとした、フィルムの技術が活かせる事業に進出。

 

また、時間を買うといわれるM&Aにも積極的に取り組まれている。

 

富士フィルムほどの大企業が、この大転換を実行したことが

 

スゴイと思うのです。

 

 

この成功のカギは?

 

いつも 出てくる 例の

 

「スピード」

 

です。

 

 

しかし、なぜ経営にスピードが必要なのか?

この理由を説明している経営書は見かけません。

 

その理由は次の通りです。

 

1.意思決定が早ければリカバリーできる。

 

スピードを持って意思決定していると、もし誤った判断、想定した最悪の

 

シナリオに行こうとも リカバリーの時間があるため

 

シナリオをもとに戻せるのです。

 

ビジネスにおいては、期限があるため

 

はやいに越したことはないのです。

 

 

2.チャンスはその時しかない。

 

スーパーの安売りがわかりやすい話し、安い時は

 

その瞬間しかないのです。

 

スーパーであれば、また安い日があるからと思って

 

見送ることもあるかもしれませんが

 

ビジネスにおいては、二度と同じチャンスがめぐってくるかどうかはわからないのです。

 

今、得なければなりません。

 

 

そして

 

 

3.スピードがはやければ、それだけで特技になる!

 

はやいことは、特技なのです。

 

個人でいうと、これだけで商売になるのです。

 

早食い、早作り、早サービス、足が速い などなど

 

はやいことは、企業としての特長になりえるのです。

 

 

企業としては、はやく意思決定できる体制を

 

普段から整えておく必要があります。

 

このコラムに類似したコラム

日刊工業新聞社無料講演会「ドラッガー理論の経営改善への応用」 ドクトル・ホリコン 堀内智彦 - 経営コンサルタント(2010/10/02 20:23)

ITソリューション 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/09/14 11:19)

自社のことを知る 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/05/09 11:17)

バイモーダル経営 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/04/11 10:33)

数年先の経営を見据えた議論 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/03/02 10:37)