本能に問う - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

敷浪 一哉
有限会社シキナミカズヤ建築研究所 
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

本能に問う

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
建築のいろいろ
住宅に「美しさ」は必要か?



うちの息子、まだ3歳なのですが、カッコイイ車とそうでない車を見分ける。大人が見ても惚れ惚れするようなスーパーカーは、3歳の子供が見ても惚れ惚れするらしい。

機能とかそういうものは子供はわかっていないから、きっと純粋にプロポーションが美しいと感じているのだろう。
そして、美しいものを見たときは、子供であっても目を奪われ興奮する。

建築、特に住宅は直接人間がそこに住み、生活をするわけだから、盛り込まれる機能というものは計り知れないほど多い。
かつて近代建築の巨匠コルビジェは「住宅は住むための機械である」という名言とともに、住宅から装飾を取り除き、合理性と機能を盛り込んだ。
しかし、美しさまでもが取り除かれたかというと、そうではない。
コルビジェの作品は、純粋に美しい。

日本人は一般的に
「住宅は人の住む物置である」
という感覚を持っている。
「住宅は美術館じゃないから・・・」といって、美しい空間は住宅には適さないと思っている人も多い。

美しさは、人間の本能が持つ欲求の一つとして組み込まれていると思う。
美しいものを気持ち悪いと思う人はいないだろうし。

美しさは全てを凌駕する。だから、住宅であっても美しくあるべきだ。