住宅に潜む化学物質~「規制外」多く注意を - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

小川 勇人
小川の家 代表取締役
長崎県
建築プロデューサー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅に潜む化学物質~「規制外」多く注意を

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅

日経新聞(12/4付、14面)に

住宅に潜む化学物質

「規制外」多く 注意を

という特集記事が掲載されていました。

 

住宅メーカーの殆どが消費者に説明・販売する

「シックハウス対策済み」とは、

国が定める物質がある条件下で指針値以下である、という意味です。

※入居後、健康被害が生じない、という意味ではない。

 

「小川の家」では、この夏、室内化学物質測定を実施しました。

この結果、愕然とする事実が判明しました。

それは、室内に使用されている建材は、まったくちがうにも拘わらず、

国の基準による測定結果は、殆ど同じ。


具体的には、自然素材(弊社)⇔新建材(某大手ハウスメーカー)です。

見た目、肌触り、そして何より、室内の空気はまったくちがいます。

だから、「当然、測定結果はちがうはず」と想定していました。


現実は、そうではありませんでした。

国の定める物質に関して言えば、殆ど差がありませんでした。


化学物質は次々と新しいものをつくりだすことができます。

シックハウス症候群に関して言えば、通常、(建物内に入り)体に違和感が生じても、一消費者、家族、住民がその原因を特定することは、ほぼ不可能です。


「シックハウスではないか?」と国の定める方法で検査したところで、指針値以下しか検出されない。


なぜなら、すでに、別の有害化学物質が使用されているから。
新建材を使い続ける限り、いたちごっこです。

消費者は、「シックハウス対策済み」と説明をうけ、

安心安全だと判断して購入(入居)する。

 

入居後、家族の誰かが体調不良になったとしても、

「あなたの体質の問題です」で片づけられる。


現在の日本では、法改正後の新築住宅では法令上「シックハウス」は存在しません。

ゆえに、法的には、販売元へ責任を追及しても問えない。

 

今後は、化学物質過敏症という健康被害者がより増えていくはずです。

※増加しているから、記事になる。


記事によると

ある建売住宅では70種検出例もあったそうです。


追伸:

記事のまとめは、

「冬場でも、寒くても、窓を開閉して、換気しましょう」

スポンサーに配慮せざるを得ない日本の大手マスメディアの本質です。

このコラムに類似したコラム

一流のコックvs妻の手料理。勝ったのはどっち? 松岡 在丸 - 建築プロデューサー(2013/10/14 12:33)

【シックハウスケアの住宅】-3(終) 西島 正樹 - 建築家(2013/08/12 18:14)

シロアリはホウ酸で防ぐ! 青沼 理 - 建築家(2013/04/03 10:27)

「納得できる」と「満足できる」は違う 松岡 在丸 - 建築プロデューサー(2012/12/25 14:37)

健康の“健”のおはなし 青沼 理 - 建築家(2011/11/11 18:22)