共感はしなくてもいいけれど・・・良好な人間関係のコ - 対人力・コミュニケーションスキル - 専門家プロファイル

鈴木 達也
ヒューマン・コミュニケーション・センター 代表
東京都
ビジネススキル講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

共感はしなくてもいいけれど・・・良好な人間関係のコ

- good

  1. スキル・資格
  2. ビジネススキル
  3. 対人力・コミュニケーションスキル

今日は先週ある会社さんで研修のテーマとした、ラポール(信頼関係をつくる
技術)についてお伝えします。


話をしっかりと聞くとはよく言われることですが、実は良好な人間関係を築く
コツは、話をしっかりと聞くことではありません。


「話をしっかり聞きなさい」の目的は何でしょう? 自分が話を理解すること
ですよね。

相手が話をする目的は何でしょう? 自分の話を理解してほしいということ
です。

話を聞くことで、話の理解という目的は満たせても、相手の目的は満たせま
せん。

相手が自分の話を理解してくれたと思うには、自分が話を理解するだけでなく
、自分が理解した事を相手に伝える必要があるのです。


同じ事のように思えるかもしれませんが、結構違います。

図にすると、話を理解する時のメッセージの向きは

自分 ←←← 相手

です。

相手に理解したと分かってもらう時は

自分 →→→ 相手

です。


自分が分かったいう事を相手に伝えるためには、能動的に相手にコミュニケー
ションをとる必要があります。黙って真面目な顔で聞いているだけでは伝わり
ません。積極的に分かったという反応を示す必要があります。これをNLPでは
ラポールと言います。


共感ともちょっと違います。共感は自分が相手の気持ちに同調するということ
です。

図にすると、

自分 ←←← 相手
です。

共感したよと伝えるのは

自分 →→→ 相手

です。


極端に言うと、話を理解していなくても、相手に共感していなくても、ラポー
ルが取れれば相手の目的「分かってほしい」は満たされます。

ちょっとひどい事を言っているように聞こえるかもしれませんが、カウンセラ
ーやコーチのように、コミュニケーションを職業としている人はこれができな
くては仕事の幅を狭めることになるでしょう。


カウンセラーやコーチは、自分と全く違う考えを持つクライアントにも質の高
いサービスを提供したければ、共感せずとも相手とラポールをとる必要がある
のです。


日常生活でも似たようなものでしょう。考えの違う上司や共感できないクレー
ムを言ってくる顧客はどこにでもいます。そのような人達とも適切な人間関係
を築いて、仕事を進める必要はあります。

言うは易く行うは難しのように思えるかもしれませんが、こういうことを実践
的に学べるのがNLPの良さだと思います。


*** クラスのお知らせ ***



【NLP体験説明会】


コミュニケーションを改善したい方、自分をよりよく変化させたい方、NLPに


興味をお持ちの方のための入門クラスです。


12月17日(土) 9:30~11:30 人形町区民館


http://h-communication.jp/experience.html



*** 無料ダウンロードレポートのお知らせ ***

「本当に変わるための、カウンセラーの選び方」

http://h-communication.jp/download01.html



「単語記憶力を47%アップ!スペリングコンテスト優勝者の暗記術」

http://h-communication.jp/download02.html



このコラムに類似したコラム

「わたし」と「あたし」の違い 鈴木 達也 - ビジネススキル講師(2011/10/07 15:28)

「なにかを知る」ことが理解の【妨げ】になる時 鈴木 達也 - ビジネススキル講師(2011/11/14 17:06)

挑発セラピー(使用には注意が必要です) 鈴木 達也 - ビジネススキル講師(2011/09/15 23:54)

VAK 表象システムはタイプ分けではありません 鈴木 達也 - ビジネススキル講師(2012/02/10 19:28)

クリスマスにちなんで・・・おばあちゃんが新聞 鈴木 達也 - ビジネススキル講師(2011/12/25 11:43)