yahooとgoogleの差 part2 - ホームページ・Web制作全般 - 専門家プロファイル

株式会社環 代表取締役 社長
東京都
ウェブ解析士マスター
03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

yahooとgoogleの差 part2

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ホームページ・Web制作
  3. ホームページ・Web制作全般
SEO・SEM

yahooとgoogleの差 part2



効果の差



yahooとgoogleに対するSEOを行っている方は必ずアクセス解析を行ってください。

ポイントは
・目的ページ(問い合わせ完了ページなど)でのフィルタリングを行った上での入口ページや検索キーワード・フレーズの分析
・検索キーワード・フレーズごとの「順位」「アクセス数」「コンバージョン数」の分析
の二つです。

これを行うとyahooとgoogleの差が大きく浮かび上がってきます。

サイトの種類によって
・yahooからのアクセス数が多い
・googleからのアクセス数が多い
という傾向がはっきり出ます。

また、
・yahooからのアクセスの方がコンバージョン率が高い
・googleからのアクセス数のほうがコンバージョン率が高い
という傾向が出ることも多いです。

これはyahooとgoogleを利用するユーザ層の差によるものです。
具体的な統計がないのですが、
・yahooは女性に強く、googleは男性に強い
・yahooは文系に強く、googleは理系に強い
・yahooは40代以上に強く、googleは30代以下に強い
・yahooは地方に強く、googleは都心に強い
という傾向があるといわれています。
少し前の自民党と民主党みたいですね。

ただし、自民党と民主党の支持層が一部で逆転したように(地方で民主党が強くなり、都心で自民党が強くなり、若者に自民党が強くなり、お年寄りに民主党が強くなったように)、この傾向がいつまで続くかはわかりません。

ただ、自社のサイトがどちらに対してどのような適性・相性をもっているかはきちんと把握しましょう。

あるサイトではgoogleの順位が高く、yahooが低かったときは全く効果がなく、逆転してyahooが上昇したら一気に問い合わせが増えたという例があります。

SEOの効果を図れるアクセス解析「シビラ」

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ウェブ解析士マスター)
株式会社環 代表取締役 社長

お客様と一緒にウェブサイトの効果を高めていきます。

創業以来、「使いやすいウェブサイト」「PDCAサイクルを回し、常に向上するウェブサイト」を提案しています。アクセス解析、効果測定で問題点や改善点を発見し、ウェブサイトの集客・売上アップを支援するウェブ解析士(webアナリスト)として活動します!

03-6892-3080
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「SEO・SEM」のコラム

未来のSEO(2015/08/21 22:08)