長期に保有したほうがいい理由 - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

税理士法人 洛 代表
京都府
税理士
075-751-6767
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

長期に保有したほうがいい理由

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
投資信託を活用した資産運用
投資信託へ投資するなら長期に保有したほうがよいといわれます。
それは、時間を味方につけて運用成果を高めていくことができるからです。

(1)長期保有は複利効果を最大限に発揮できる。


長期で運用する最大のメリットは、複利の効果を最大限に発揮できるという点です。
長期に運用を続けていると、途中に発生する利子や分配金などを再投資することができ、利子や分配金にも利息をつけることができるためです。

(2)長期保有は値動きの幅(リスク)を小さくする。


投資信託を5年、10年と長く保有すると、値動きの幅(リスク)が縮まってくることが知られています。
リスクが縮まるということは、安定した運用が行われるということ。長期に保有した方が、リスク管理が容易になります。

(3)長期保有は運用コストの負担を軽減する。


長期保有により、購入時、解約時にかかってくる手数料の負担を軽減する効果もあげられます。投資信託の購入手数料が3%とすると、運用期間1年の場合収益を3%目減りさせますが、運用期間が3年の場合1年あたりの収益を1%目減りさせるにとどまります。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(京都府 / 税理士)
税理士法人 洛 代表

贈与、遺言・遺産分割・相続税対策なら京都・税理士法人洛まで

円満な遺産分割、生前贈与、事業承継、節税、納税資金の確保など、それぞれの着眼点から家族構成や資産構成ごとに、ベストアドバイスを行います。

075-751-6767
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「投資信託を活用した資産運用」のコラム