照度設計から輝度設計へ - インテリアコーディネート全般 - 専門家プロファイル

松下 進
松下進建築・照明設計室 代表
東京都
インテリアコーディネーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:インテリアコーディネート

村岡 由紀子
村岡 由紀子
(インテリアコーディネーター)
野澤 祐一
野澤 祐一
(インテリアコーディネーター)
石井 純子
石井 純子
(インテリアコーディネーター)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

照度設計から輝度設計へ

- good

  1. 住宅・不動産
  2. インテリアコーディネート
  3. インテリアコーディネート全般
実施例紹介
輝度が照明設計において有効であることを実証する実験を行いました。

現在は平均照度を主体にした照明設計が一般的ですが、今後は人の目の見え方に近い測光量である輝度及び対比の効果まで考慮に入れた明るさ尺度値を主体とする照明設計に移行すると考えられます。
(画像は明るさ尺度値の分布図です)

住宅照明においても、光環境の向上と省エネルギーの両立を実現する多灯分散照明方式への移行が進んでいますが、多灯分散照明方式にて照明計画を行う場合は、輝度設計を行うことでよりきめ細かな検討が可能になります。

輝度及び明るさ尺度値を利用した照明設計の有効性実証実験の紹介
http://www.matsushitas-lighting.com/kidojikken.htm