日経記事;東芝,半導体3工場を閉鎖単機能の生産集約 に関する考察 - 新規事業・事業拡大全般 - 専門家プロファイル

グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表
神奈川県
経営コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日経記事;東芝,半導体3工場を閉鎖単機能の生産集約 に関する考察

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 新規事業・事業拡大全般
経営戦略 集中と選択;事業撤退

皆様、
おはようございます。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。
 
12月1日付の日経新聞に、『東芝、半導体3工場を閉鎖 単機能の生産集約』のタイトルで記事が掲載されました、

本日はこの記事に関して考えを述べます。

記事の主な内容は以下の通りです。

『東芝は30日、トランジスタやダイオードなど単機能半導体を製造する北九州工場(北九州市)など3工場を2012年9月末までに閉鎖すると発表した。

円高の定着や世界景気の減速で主な用途であるデジタル民生機器向けの需要が急減。事業採算が悪化しているとして国内拠点6カ所を3カ所に集約し、携帯電話のデータ記憶などに使うNAND型フラッシュメモリーなど中核事業に経営資源を集中する。

北九州工場のほか、子会社の浜岡東芝エレクトロニクス(静岡県御前崎市)、東芝コンポーネンツ(千葉県茂原市)を閉鎖する。閉鎖する3拠点の従業員1200人は東芝グループ内で異動させる。

単機能半導体の開発や製造は12年10月以降、姫路半導体工場(兵庫県太子町)、加賀東芝エレクトロニクス(石川県能美市)、豊前東芝エレクトロニクス(福岡県豊前市)に集約する。

北九州と浜岡東芝で製造していた光半導体のうち車やパソコン用の発光ダイオード(LED)ランプは加賀東芝で生産を継続、センサーなど不採算分野からは撤退する。

東芝の半導体事業の11年4~9月期の売上高は5024億円。そのうち単機能半導体を手がけるディスクリート事業は前年同期比5.8%減の970億円、営業損益は小幅黒字だった。

単機能半導体は基礎的な素子で業界的に仕様がほとんど同じ製品が多く、差異化が難しい。

東芝は電気信号を処理する小信号デバイス、電子機器の電源切り替えに使うフォトカプラ、センサーなどの製品群を持っているが、過剰な生産工場が収益を悪化させていた。』


東芝は、何度か報道されていますように全社的に事業の見直しを行っています。今後は、成長が見込まれる環境分野へ傾注すると共に、他の事業分野も選択と集中を行い、他社商品・部品との競合で差異化を可能にするものに限定しつつあります。

今回の半導体についても、不採算事業見直しにより、稼ぎ頭のメモリー事業を強化するのが目的です。メモリー事業は、世界市場でサムスンと激しく競合しています。

東芝にとって不利なのは、異常な円高です。サムスンは韓国通貨のウオン安と製造コストの削減で、メモリーの安値攻勢を強めており、東芝の収益は減少しています。

例えば、米国のIT(情報技術)専門市場調査機関アイサプライが2011年7月10日に発表しました調査結果によりますと、サムスン電子が第1四半期に世界のNAND型フラッシュメモリー市場で売上高19億1200万ドル(約1540億円)を記録し、シェア35.9%でトップ、2位は東芝でシェア35.6%(売上高18億9500万ドル=約1528億円)となっています。

ほぼ両社のシェアは均衡しています。しかし最近の円高は東芝の収益を圧迫しています。

このため、東芝は差異化が難しい汎用半導体事業から一気に撤退し、経営資源をメモリー事業に集約するやり方を決断しました。

総合家電メーカーから、専門分野に特化したメーカーへの脱皮を急いでいます。
また、1社単独では開発・事業化が難しいメモリーでは、他社と連携して開発コストの圧縮と、開発期間短縮を図っています。

次世代メモリーのMRAM(磁気記録式メモリー)では、韓国ハイソニックと共同開発を行っており、2014年の商品化を進めており、この分野でもサムスンと激しく競争しています。

このように、東芝は各事業分野で集中と選択を行っています。

パナソニックも同じです。例えば、大きな不採算事業であるプラズマ及び液晶テレビ事業を見直しつつあります。東芝と同様に電池などの環境分野に大きな投資を行っています。

パナソニックは11月29日、トヨタ自動車のプラグインハイブリッド車「プリウスPHV」向けにリチウムイオン電池を供給すると発表しました。パナソニックとして、量産仕様のプラグインハイブリッド車への電池納入は今回が初となります。

パナソニックは、グローバルで複数の自動車メーカーにハイブリッド自動車用ニッケル水素電池・システムに供給しているほか、ハイブリッド自動車用リチウムイオン電池システムについても自動車メーカーと共同開発に取り組んでいます。

東芝とパナソニックのように、不採算事業からの撤退と新規成長分野への積極的投資を短期間に行うやり方が、「集中と選択」を効果的に行うことを可能とします。


中小企業も、不採算事業は早期に見切りをつけて、差異化が可能な事業分野への集中することが大事です。差異化可能な事業分野は、市場の需要や顧客の要望を聞いても出て来ません。

自社の経営資源を見直して、差異化や新規性を打ち出せる事業分野を探すことが重要です。東芝やパナソニックなどの動きは大いに参考になります。

ところで、自社事業の見直しや差異化・新規性の出し方について学びたい中小企業にとって、考えるヒントをもらえるセミナーがあります。

私が講師を務めます。私が、中小企業の新規事業立上を支援しているやり方に基づくセミナーです。ご関心のある方は、是非ご出席ください。

セミナーの開催日時は、12月4日(日)13時00分から16時まで。開催場所は、横浜関内駅近くです。

セミナーの詳細や出席お申し込みについては、 『新事業展開のための事業計画作成セミナー(実践編)』 をクリックして下さい。

まだ若干席に余裕があります。

よろしくお願いいたします。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー GBM&A 山本 雅暁

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)
グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表

起業・企業存続の為の経営戦略立案・実行と、ビジネススキル向上

起業及び、事業拡大や経営合理化を目指す企業に対して経営コンサルを行います。大手メーカーで得た経験を活かし、補助金活用、アライアンスやM&A、市場分析に基づいた事業戦略策定・実行や事業再生を支援します。OJT研修でのビジネススキル向上を支援します。

カテゴリ 「経営戦略」のコラム

このコラムに類似したコラム