日経記事;プリウスPHVトヨタが受注開始320万円から に関する考察 - 新規事業・事業拡大全般 - 専門家プロファイル

グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表
神奈川県
経営コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日経記事;プリウスPHVトヨタが受注開始320万円から に関する考察

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 新規事業・事業拡大全般
情報・知識 ビジネス雑感

皆様、
こんにちは。
グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。

11月30日付の日経新聞に、『「プリウスPHV」トヨタが受注開始 320万円から 12年1月発売 燃費は61キロ』 のタイトルで記事が掲載されました。

本日はこの記事に関して考えを述べます。

記事の主内容は以下の通りです。

『トヨタ自動車は29日、家庭用電源で充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)「プリウスPHV」を公表した。同日から国内で受注を始め、来年1月30日に発売する。

燃費は1リットルあたり61キロメートル。主力のハイブリッド車(HV)「プリウス」をベースに開発した。計測基準が異なるが、プリウスの燃費は同32キロメートル。

プリウスPHVは高性能のリチウムイオン電池を搭載した。電気モーターだけでも1回のフル充電で26.4キロメートル走行できるのが特徴。価格は320万~420万円。

全国のトヨタ系列店で扱い、年間3万5千~4万台の販売を目指す。トヨタの堤工場(愛知県豊田市)で生産する。

米国や欧州では12年春の発売を予定している。

29日に東京都内で開いた記者会見で、トヨタの内山田竹志副社長は「PHVは電池切れの不安がなく、いつでも安心して使用してもらえる。普及に最も適した『電気使用自動車』だ」と述べた。

トヨタはPHVを「HVに次ぐエコカーの柱」と位置付ける。通勤や買い物などの近距離は電気自動車(EV)として電気モーターだけで走行。

電池が切れた後は自動的にHVシステムに切り替わって長距離も運転できる。こうしたEVとHVの2つの特性を生かした点をアピールする。

フル充電にかかる時間は200ボルトの電圧で約90分。100ボルトでは180分程度となる。

インフラ面でも普及を後押しする。スマートフォン(高機能携帯電話)を通じて電池の残りや充電ステーションの場所などを知らせるほか、販売店に設置した充電器を無料で利用できるといった「PHVドライブサポート」を全車に用意した。

グループのトヨタホームはPHVの販売にあわせて家庭に充電器を取り付けるサービスを開始する。』


いよいよトヨタからプラグインハイブリッド車(PHV)の量産車が販売されます。しかも、燃費は1リットルあたり61キロメートルと、従来のプリウスの約2倍の高性能です。

HVで先行したトヨタの底力を見せつけました。

従来から、来年春までには出ると言われていたPHVが今年中の発表発売となりました。しかも画期的なのは、1リットルあたり61キロメートルと高燃費に加えて、フル充電に要する時間の短さです。

フル充電にかかる時間は200ボルトの電圧で約90分、100ボルトでは180分程度となる、とのこと。一般家庭の場合、深夜電力で問題なく充電できます。

この高性能のPHVは、既存車、特にガソリン車に大きな影響を与えます。日産やホンダ、三菱自もプラグイン電気自動車(PEV)などで巻き返しを図るでしょう。

何れにせよ国内企業の技術力の高さを改めて実感させられました。

大震災やタイの洪水などの影響もあって、トヨタの今年の販売台数は世界3位に後退します。しかし、来年は再びPHVやPV及び他の車種で世界一の販売台数達成を期待します。

また、同日、『帝人、量産車に炭素繊維 最速製造設備設け来夏試験生産』のタイトルで記事が掲載されています。

帝人は2012年夏から、軽くて強い炭素繊維で自動車部材の試験生産に乗り出します。約20億円を投じて世界最速の1分で連続生産できる設備を設置。自動車メーカーと安全性の評価などの共同開発を始めるとのこと。

従来、自動車向けの炭素繊維は製造に時間がかかるため、高級車の採用に限られていました。今後は量産車でも炭素繊維の採用に向けた動きが本格化します。

炭素繊維が安く提供されれば、更に多くの量産車でも使われるようになります。現時点では、プリウスに炭素繊維を使うことは難しいでしょうが、近い将来PHVやPEVなどで使われるようになると、車の軽量化が進み、更に燃費が向上します。

石油消費量の削減と共に二酸化炭素(CO2)排出量削減にも貢献します。また、日本の石油依存度も下げることが可能です。

昨日のブログ・コラムに書きました通り、素材加工は国内企業の得意分野の一つです。より高性能の電池、モーター、炭素繊維などの素材とのベストマッチングで、耐久性を向上させながら小型軽量化と高燃費を向上させていくことが、重要です。

世界の環境対策に貢献しながら、産業のすそ野が大きい自動車と素材分野の両輪で一つの成長分野を確立できます。

トヨタ、日産、ホンダ、三菱自などが積極的にPHVやPEVを新規開発・供給し、世界市場を開拓することを期待します。

よろしくお願いいたします。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー GBM&A 山本 雅暁

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)
グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表

起業・企業存続の為の経営戦略立案・実行と、ビジネススキル向上

起業及び、事業拡大や経営合理化を目指す企業に対して経営コンサルを行います。大手メーカーで得た経験を活かし、補助金活用、アライアンスやM&A、市場分析に基づいた事業戦略策定・実行や事業再生を支援します。OJT研修でのビジネススキル向上を支援します。

カテゴリ 「情報・知識」のコラム

このコラムに類似したコラム