No.194 極上の眠りをブランド化したウェスティンの顧客本位力 - 各種のブランド戦略・ネーミング - 専門家プロファイル

澤田 且成
アイディーテンジャパン株式会社 企業ブランディングコンサルタント
東京都
ブランドコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ブランド戦略・ネーミング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

No.194 極上の眠りをブランド化したウェスティンの顧客本位力

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. ブランド戦略・ネーミング
  3. 各種のブランド戦略・ネーミング
ブランディングニュース 『企業ブランド戦略の成功と秘密』

==============================================================
No.194 極上の眠りをブランド化したウェスティンの顧客本位力
--------------------------------------------------------------
“選ばれ続ける仕組み”を設計するメールマガジン      2011.11.28

 ブランディングニュース 『企業ブランド戦略の成功と秘密』

==============================================================
【明日29日(火)社内SNSトップシェアのガイアックス社でセミナー開催】

『ブランディングの視点から社内コミュニケーションを考える』

「ブランディング」という視点から社内コミュニケーションを考えます。
社員の創造性と意識の高い企業づくりに関心がある
経営者・人事ご担当者様は是非ご参加をご検討ください。
弊社・代表、澤田且成が講演会に登壇します。

日時:11月29日(火)15:00~17:00
場所:東京・五反田

⇒ http://airy.net/seminar/01
-----------------------------------------------

みなさんこんにちは。
アイディーテンジャパン・ブランディングニュース編集局です。

今年も残り1カ月となりました。

夜、オフィス街を歩けば、遅い時間まで電灯がともるビルも
この季節にはよく見かけます。

体調を壊しやすいこの時期は、仕事中に眠くなったりすることも。
そんな時には、眠気をさますドリンクが役立ちますが、
身体もいたわりつつ、上手に休憩をとりたいものです。

さて、今回のブランディングニュース
『企業ブランド戦略の成功と秘密』は、冒頭の「睡眠」について、
ベッドを開発しブランド化したウェスティンホテルを取り上げます。

ウェスティン ホテル&リゾートは、
現在スターウッド・ホテル&リゾートの傘下にあり
世界中で186のホテル、日本でも5つのホテルがあります。

建物の豪華さやロケーションの良さ、調度品や家具から漂う高級感。
ウェスティンはこれに加え、宿泊する客に
「滞在前よりも良い心地」であるよう滞在中の質にこだわります。

そうした姿勢の1つとして、有名な「ヘブンリーベッド」の存在。
快適な眠りこそ、ホテルの大切な役割と考えた上で
ベッドを独自開発し、ブランド化したのです。

今回は、ヘブンリーベッドの開発とブランド展開について
みなさんと一緒に考えていきたいと思います。

ウェスティン ホテル&リゾート
http://www.starwoodhotels.com/westin/

*        *        *

--------------------------------------------------------------
<本日の内容>
--------------------------------------------------------------

[1] "選ばれ続ける仕組み"の事例:
極上の眠りをブランド化したウェスティンの顧客本位力

[2] 編集後記

--------------------------------------------------------------
[1] "選ばれ続ける仕組み"の事例:
極上の眠りをブランド化したウェスティンの顧客本位力
-------------------------------------------------------------
■ 25億円を投入した「眠り」への追求

雲の上にいるような寝心地。
ベッドに吸い込まれるような感触。

ウェスティンの「ヘブンリーベッド」といえば、
高級ベッドのなかでも有名です。

このベッドが開発されたのは、1999年のこと。

「ホテルの最も大切な役割は、快適な眠りを約束すること」。
旅行者のアンケートにヒントを得たウェスティンは、
いくつかのベッドを試し、自社で開発することになったのです。

このベッド開発では、世界展開するシモンズと提携。
寝心地を決めるマットレスはもちろんのこと、
ブランケットやシーツに至るまで、一年をかけ開発したのです。

そのために投じたコストは、25億円。
こうして開発された「ヘブンズリーベッド」は、
世界中のウェスティンに配備されることになりました。


詳細はこちらから。

⇒ http://www.id10.jp/brandingnews/111128

このコラムに類似したコラム

地域No.1ブランド戦略(第1回) 中村 光亮 - ブランドコンサルタント(2012/05/29 19:52)

No.208 進出国の嗜好から考えるサンマルクカフェの海外展開 澤田 且成 - ブランドコンサルタント(2012/03/12 18:55)

No.205 市町村合併が加速させる盛岡市の都市ブランディング 澤田 且成 - ブランドコンサルタント(2012/02/20 22:02)

新年、明けましておめでとうございます。 澤田 且成 - ブランドコンサルタント(2012/01/02 18:49)

No.190大きく変わる丸の内エリア・三菱地所のブランド意識 澤田 且成 - ブランドコンサルタント(2011/11/14 17:09)