神奈川県和服裁縫協同組合 - イベント・地域活性全般 - 専門家プロファイル

韮澤 哲也
横浜市技能文化会館 匠コンシェルジュ
イベントディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:イベント・地域活性

韮澤 哲也
韮澤 哲也
(イベントディレクター)
韮澤 哲也
韮澤 哲也
(イベントディレクター)
村本 睦戸
村本 睦戸
(ITコンサルタント)
井門 隆夫
(マーケティングプランナー)
江川 晴子
(イベントプランナー)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

神奈川県和服裁縫協同組合

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. イベント・地域活性
  3. イベント・地域活性全般
横浜市技能職団体連絡協議会 加盟団体紹介 神奈川県和服裁縫協同組合

神奈川県和服裁縫協同組合は神奈川県内の和裁技能士の団体で、昭和25年(1950年)6月25日に設立されました。県内13の支部で構成されます。
和裁師は和服の仕立てを専門に行う裁縫所などに所属し、手縫いを中心とした伝統の手法で和服を作り上げていきます。すばらしいデザイン感覚や技術で作られた染め物や織物を一人ひとりの体形に合わせ、色柄の配置を考慮し、美しい「きもの」へと仕立てる仕事です。微妙に糸を引く力加減や、縫い目の細かさを変えて柄を美しく合わせて縫うには経験が必要です。
呉服店などから注文を受けると、まず反物の検反・検尺をします。反物に傷がないかなどを細かく検査し、傷がある場合は表面に出さないように、仕立てる方法を工夫します。次に見た目を美しく整えることにくわえ、仕立てる時に寸法が狂わないようにする地直し裁断します。やり直しが出来ないため、決断力が求められる作業です。反物を縫い合わせた時に、絵柄がぴったりと合うよう、仕上がりを想定して縫う場所を決め、印をつけていきます。
ゆかた、振袖、訪問着や打掛など、様々な種類の和服を仕立てる技術を身につけるまでには、5年程度の修業が必要だといわれますが、袴や打掛、柄物や縮みの多い生地などの難しい仕立て作業は、さらに熟練した技術と豊富な経験が求められます。神奈川県和服裁縫協同組合は、日本の民俗衣装きものの伝承と後進の指導育成を目指しています。また、研修会を随時開催し、技能の向上と推進に取り組んでいます。

理事長名:山本秀雄

連絡先:http://www.takuminowaza.or.jp/wasai/

職種:和裁士

関係する資格:和裁技能士

このコラムに類似したコラム

実践型地域雇用創造事業がいよいよ始まりました! 田原 洋樹 - 人材育成コンサルタント(2012/07/13 23:22)

★2/26まで 「大河原邦男作品展」開催中 岡星 竜美 - 経営コンサルタント(2012/02/16 11:03)

★2/10-11「神奈川フィル×和楽器スクランブルルーレット」実施 岡星 竜美 - 経営コンサルタント(2012/02/12 20:54)

『かなたび』で横浜の理容師を紹介 韮澤 哲也 - イベントディレクター(2011/12/13 16:17)

『かなたび』"神奈川の人"に横浜のクリーニング職人記事が掲載! 韮澤 哲也 - イベントディレクター(2011/12/06 14:12)