記憶としての家のつくり方vol.1 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

アトリエ137 
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

記憶としての家のつくり方vol.1

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
設計者の仕事って、なに?
もちろん建て主の方のご要望が一番。
これををお聞きしなければ何も始まりません。
敷地を拝見させていただいて、具体的な作業がスタートします。
で、
一応事務所に行って、机の前に座って、あれやこれやと考えます。でも何か違う・・・・
そんなときは散歩をすることが多いです。または、散歩のようなもの・・・・のようなものとは、歩きだけなくて、ときに自転車だったり、電車に乗って少し遠くに行くことも。

散歩をすると、人間の生活が見えてきて、楽しいんです。
狭い路地があったり、夕飯のにおいが漂って生活感ありありの雰囲気とか、家の前に植木が並んでいて、夕方になると水をあげていたり・・・・

つづく・・・

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
アトリエ137 

シンプルでナチュラル。気持ちのいい空間を創ります

家は明るく、楽しく、気持ちよくが一番です。より豊かで快適な生活を楽しむための家づくり。住まい手の生活スタイルや敷地の周辺環境を生かした空間づくりを心がけています。「やさしい空間の中に、凛とした空気を感じる」と感想をいただきます。

カテゴリ 「設計者の仕事って、なに?」のコラム

インテリア・外構(2006/03/20 00:03)

設計監理(2006/02/27 00:02)