大人向け(シニア向け)ビジネス!いいね! - 新規事業・事業拡大全般 - 専門家プロファイル

萩原 貞幸
株式会社ファンドファンクション 代表取締役社長
大阪府
経営コンサルタント/起業家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新規事業・事業拡大

澤田 且成
澤田 且成
(ブランドコンサルタント)
下村 豊
下村 豊
(経営コンサルタント)
澤田 且成
(ブランドコンサルタント)
澤田 且成
(ブランドコンサルタント)

閲覧数順 2017年03月30日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

大人向け(シニア向け)ビジネス!いいね!

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 新規事業・事業拡大全般

ファミリマートが東京代官山に50歳から65歳を対象とするコンビニを

オープン。

 

代官山なので見に行けないことが残念ですが、、、

 

高齢化、シニアビジネスが言われてはじめて

10年以上たつように思います。

 

確かに有料老人ホームをはじめとするシニア層しか

ターゲットになりえないビジネスが

それ自体がシニアビジネスとして、取り組まれていたと思います。

 

しかし、これからは既存ビジネスを利用していた層が

シニア化してくるため

その既存ビジネスがシニア層をターゲットとして

生まれ変わらなければなりません。

 

今回、コンビニという身近なビジネスがターゲットを絞り込んだことは

大きいですね。

 

先日、テレビでシニアの方々がゲームセンターで遊ばれている

映像が流れていましたが、

シニア層専用のゲームセンターというのも

おもしろいですね。

 

 

続いては

やはり、外食産業においてシニア層に特化した店舗を展開すべきです。

 

 

4年ぐらい前に、某大手飲料メーカーに提案したのですが、

 

やはり彼らは特化に難色を示しましたね。

 

 

やるとなれば、すべてのビジネスに共通して

 

いえることですが

 

徹底的に

 

取り組まなければなりません。

 

 

例えば、朝5時からオープンするとか

糖尿病の方向けの料理とか

味付け変更とか、 

また、薬の飲みやすい水を出すとか、

 

シニアの方々の要望を取り上げていけば

 

素敵な空間

 

元気な空間

 

ができると思うのです。

 

 

このシニア層に限らず

 

今後、日本においてのビジネス展開を考えるときには

 

「総花的」なものではなく

 

「特化的」なものでなければなりません。

 

 

このコラムに類似したコラム

【最強ビジネスモデル】場所が変われば別の星。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/04/22 07:40)

富士山理論 野崎 一文 - 経営コンサルタント(2012/05/21 13:48)

超★目玉の話題満載!!;<<TOKOフィルム業界ニュース>> 中沢雅孝 - YouTube専門コンサルタント(2010/04/03 01:12)

【最幸ビジネスモデル】ひっかかりちゃんが大切。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/12/17 23:30)

【最幸ビジネスモデル】人との関係性とは。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/12/16 11:02)