ドイツ国債、ついに「札割れ」に! - 海外ファンド・海外直接投資 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:投資相談

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ドイツ国債、ついに「札割れ」に!

- good

  1. マネー
  2. 投資相談
  3. 海外ファンド・海外直接投資
よもやまブログ
こんにちは!
 
さて、マーケットでは、ドイツ国債の入札で、「札割れ」が起きて、またまた混乱が生じています。
 
国債の「札割れ」とは、募集額に対して応札額(申込額)が少なく、不足が生じることです。
 
日本に比べ、ドイツではそう珍しいことではないようですが、今回は10年物国債で60億ユーロ(約6200億円)の募集に対し、39億ユーロ(約4030億円)と、65%の資金しか応募がなかったことにより、衝撃が走りました。
 
財政問題で揺れているユーロ圏にあって、屋台骨ともいえるドイツ自体の国債の引き受けが少なかったことに対して、ユーロ圏に対する“不信感”が増長したのは言うまでもありません。
 
このところ、「AAA」の格付けを取得しているフランスの長期金利も上昇する中、同じくユーロ圏最大の大国、「AAA」格のドイツ債に“買い”が集まらなかった影響は大きいと言えます。
 
ドイツは、以前から取り沙汰されている「ユーロ共同債」の発行には、いまだ否定的な発言を続けていますが、“信用不安”が続く限りは、ドイツといえども、安心できない状況がこれからも続くこととなるでしょう。
 
それにしても、ドイツよりGDPに対する財政赤字がはるかに大きく、国債の格付けも「AA-」と4ランク目の日本国債が、長期金利“1%”を下回る水準まで買われていることには、やはり違和感を覚えます。
 
それだけ、ユーロ圏への“不信感”が払拭できないということだとは思いますが、日本も「対岸の火事」ではないだけに、「信用不安」の矛先が日本国債へ向いたときの状況を考えると、いったい日本はどう対処するのでしょうか。
 
できることは限られているだけに、我々のいっそうの「覚悟」も必要です。
 
いつも言うことですが、地震が来たときの「家の耐震対策」、「地震発生時の対処法」、「避難場所の確認」、「家族との連絡方法」、「避難食の準備」など、必要性を感じ、きちんと“準備している人”と、必要性は感じていても“何もしていない人”では、いざ本当に地震が発生した時、生死はもとより、その後の生活を取り戻すまでの確率や時間、そして精神的苦痛の度合いも大きく違ってくることでしょう。
 
ある意味、“シミュレーション”が必要だということです。
 
では、日本国債の引き受け手が出ず、「札割れ」が生じた場合、一体何が起こるのでしょうか?
 
そして、大事なことは、その“起こりうる事態”に対して、きちんと準備をしておくということです。
 
わかってはいても、行動に移せるかどうかが、“分かれ目”なのだと思います。
 
ユーロ圏の出来事をみるにつけ、緊縮財政策に、ただデモを繰り返しているだけでは、何の問題解決にもなりません。
 
いま、自分たちでできる「最大の準備」をしておくしかないのだと思います。
 
で、くどいかもしれませんが、私も言い続けたいと思います。
 
「備えあれば憂いなし」
 
です。
 
さて、来週から早くも“師走”突入ですね。
 
わたしも走り続けながら、頑張ります!
 
では、良き週末を!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム

このコラムに類似したコラム

「需給ギャップ」広がる! 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2012/03/23 19:39)

“日本買い”が示すもの 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2012/01/14 12:21)

日本国債破綻の可能性は低い 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2016/04/18 15:20)

資産運用は必要か?~資産運用を始める前に~ 【取材記事】 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2016/02/24 14:00)

貴方は資産運用に必要な期間を何年と予定していますか 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2015/12/07 16:31)