【旅館再生:考】 旅行紙媒体販売の未来 - 経営コンサルティング全般 - 専門家プロファイル

伴 智之
コンセプト創造研究所 代表
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
石川 雅章
(広告プランナー)
背戸土井 崇
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【旅館再生:考】 旅行紙媒体販売の未来

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. 経営コンサルティング全般
旅館経営 【旅館再生:考】

口コミの真価はどこにあるのだろうか?


ふと先日大手旅行会社の旅行紙媒体を見て思った。

その媒体には5年前なら旅行会社のプランには出てこなかった、

名だたる『超有名旅館』が並び一見優美で雅な感じである。

私も電話しても『予約でいっぱいで半年先まで取れません』

と言われたものである。


だが、私も行った事があるその『超有名旅館』が意外と

低評価なのである。


低評価と言っても4、5点が多いのだが、2点、3点の評価も

あるのである。


??????


なかには

『そりゃそうだよね。うん、その通り!』


というのもあったが、

『え? なんで?』


というのもある。


これは私も経営時に悩んだことだが、

ネット媒体の口コミと紙媒体の口コミ評価が

大きく違う

ということ。


これには非常に困惑していた。

もちろんお客様の声は『天の声』としてありがたく頂く。

そして改善に着手する。


私の経験では紙媒体の口コミ評価は0.5~1.0ポイント低い。

5点満点なので100点だと10点~20点も低い。


それも酷評がちらほら。

ありがたく頂けるものもあれば、


『それは違うでしょ』

というものもよくある。


よーく口コミ内容を分析すると答えは明確である。


宿の情報を良く認識せずに来たことが、その低評価の

理由であった。


宿の特色が濃ければ濃いほどその評点差が開く傾向にある。

凡庸で、『いわゆる普通の旅館』というタイプの旅館は

評点差はあまりないのである。


横並び形式の旅館が存在しえない時代に突入した今


・ 紙で宿情報を伝え切れるのだろうか?

・ お客様が帰ってきて必ずしも満足した

  と言ってくれるのだろうか?

・ 口コミの基準は一律といえるだろうか?

・ 口コミに点数を付けるのは意味をなすのだろうか?




『NO』である。


このコラムに類似したコラム

業務の効率化や標準化 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/10/27 10:25)

iPhone 7予約好調 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/09/21 10:14)

ペーパーレス化の時代なのに 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/07/29 09:45)

スマートフォンの販売状況は好調 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/01/25 10:37)

スマートフォン販売統計調査 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2015/08/26 10:10)