日経記事;三菱自スズキに商用EV供給 OEMで来春にも に関する考察 - アライアンス・事業提携 - 専門家プロファイル

グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表
神奈川県
経営コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日経記事;三菱自スズキに商用EV供給 OEMで来春にも に関する考察

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. アライアンス・事業提携
経営コンサルタントの活動 アライアンス(連携・提携)支援

皆様、
おはようございます。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。

11月22日付の日経新聞に、『三菱自、スズキに商用EV供給 OEMで来春にも』のタイトルで記事が掲載されました。

本日はこの記事に関して考えを述べます。

記事の主な内容は以下の通りです。

[三菱自動車は電気自動車(EV)をスズキにOEM(相手先ブランドによる生産)供給する方針を固めた。年内に発売する軽自動車をベースとした商用EVの供給を来春にも始める計画だ。

同車種はすでに日産自動車にも2012年度内に供給することで合意しており、販路を拡大して生産コストの低減につなげる。一方、スズキは初めて自社ブランドのEVを持ち、OEMを自社の技術開発にも生かす。

供給するのは三菱自のEV第2弾となる軽商用車「MINICAB―MiEV(ミニキャブ・ミーブ)」。近く両社で最終合意する見通しで詳細を詰めている。三菱自は宅配会社などの物流車両としてのニーズを見込んでおり、11年度の生産は4千台程度の計画だ。

日産に加えスズキにも生産分の一部を供給。今後、OEM供給先の販路も活用して生産を拡大することで高価な車載電池などのコスト低減を目指す。
スズキは自社ブランド車として自社販売網に供給。動向を見ながら販売台数を拡大していくもようだ。

スズキは今年1月に発売した小型車「ソリオ」を三菱自にOEM供給している。三菱自は「デリカD:2」として発売しており、それぞれ当初計画を上回る販売となっている。
同車種のOEMが成功しているのを受け、軽ベース車両のOEMにも協業関係を拡大する。

スズキは今月18日に提携解消を求めている独フォルクスワーゲン(VW)に資本業務提携の契約解除を通告。VWとの協業は打ち切る方向だ。
今回の協業は国内軽市場を対象としており、VWとの提携契約には抵触しないとみられる。』


三菱自とスズキの提携が一歩深まりました。両社とも自動車業界の中では、経営規模が大きくありません。提携して、「Win/Win」関係の強化し、事業拡大することは理にかなっています。

既に、スズキは小型車「ソリオ」を三菱自に供給し、「デリカD:2」の車名で販売しています。その販売数量が当初計画を上回っているとのこと。

この提携実績をベースに三菱自は、EVのOEM供給をスズキに行うことを決めました。スズキにとっては、EVを自社商品群に加えることが出来、今後の事業展開に弾みがつきます。

ガソリン車だけでは、省エネ或いは省石油の流れの中で事業を行うには、消費者へのアピール度が弱くなります。

三菱自は、既にEVを日産にOEM供給しています。これにスズキへの供給分が加わりますので、EVの販路開拓になり、売上増加につながります。
三菱自は、販路が他社に比べると弱いのでOEMの売上増は事業拡大に貢献します。

このように、スズキと三菱自は「Win/Win」の関係が構築できます。

自動車業界は相互依存しあいながら、ハイブリッド車(HV)やEVの新規開発投資を抑えてお互いにリスクを下げるやり方を取っています。

ホンダは、例外で1社単独で事業を行っています。この方が事業をやりやすいのでしょう。

スズキにとって、VWとの関係は今後の事業展開に足かせとなる可能性があります。このため、スズキは短期間にVWとの関係解消を狙い、VWが持つスズキ株の買い戻しを国際仲裁機関に申し立てる方針です。

VW側は、株の買い戻しに応じないと報道されています。日本流に言いますと、「悪女の深情け」とでも言うような、一方的な関係維持を狙っているとみれます。

提携・連携は、双方が「Win/Win」関係を作れないと維持できませんし、行う必要もありません。負担がかかるばかりです。

VWにとっては、何らかのメリットを感じているのでしょう。

スズキにとって、VWとの提携時に、彼らに19.9%の株式を持たせたのは誤算でした。

提携・連携をおこう際の意志の表示方法として、相手側の株を買うことは良く行われています。通常、数パーセント以内に抑えます。

株を買われる側にとっては、多く買われると経営に口出しされるリスクがあり、嫌うためです。この観点からみますと、19.9%の所有比率は異常に高い数字です。

提携・連携の良さは、相手がそのメリットを感じなくなったらすぐに解消できることです。

従って、提携・連携を行う時は、何時でも止められるように「終了条項」を覚書や合意書に入れておくことが大変重要です。

提携・連携は、恋愛と同じです。嫌いになったらさっさと別れることが出来る様にしておくのが基本です。
私が提携・連携を支援する時、何時も上記のことを踏まえて仕組みを作り、運営するようにしています。

よろしくお願いいたします。

グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー GBM&A 山本 雅暁

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 経営コンサルタント)
グローバルビジネスマッチングアドバイザー GBM&A 代表

起業・企業存続の為の経営戦略立案・実行と、ビジネススキル向上

起業及び、事業拡大や経営合理化を目指す企業に対して経営コンサルを行います。大手メーカーで得た経験を活かし、補助金活用、アライアンスやM&A、市場分析に基づいた事業戦略策定・実行や事業再生を支援します。OJT研修でのビジネススキル向上を支援します。

カテゴリ 「経営コンサルタントの活動」のコラム

このコラムに類似したコラム

日経記事;日産ベンツCクラスにエンジン供給米市場でに関する考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2012/01/09 08:21)

日経記事;"マツダ,トヨタ車生産で稼働率上げ メキシコ工場"考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2012/11/10 10:00)

日経記事;"復活ビッグスリー,国際再編狙う生き残り実利優先"考察 山本 雅暁 - 経営コンサルタント(2012/03/26 09:52)