減価償却と実際の価格 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

減価償却と実際の価格

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般
経営 会計・税務

おはようございます、昨日は年末調整の説明会に行って来ました。

慌ただしくなって参りました。


昨日からの続き、小さな会社と会計について。

減価償却について色々と触れてきました。

固定資産の価値というのは、買った時の値段から減価償却の手続きにより

下がっていくことになります。


ただ、それではその価額でその固定資産が処分できるのか?といったら

そうではありません。

車両が50万円と資産計上されているとします。

しかし、実際に処分をしたら20万円にしかならない、というような

ことはよくあることです。

あくまでも帳面上に載っている価額というのは、買った時の値段から

一定の算式に従って費用を計上していった残額に過ぎない、という

現実と計算上の差異を何となく理解しておくことは大切です。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

弱点から強みを(2016/12/10 07:12)

足、実は案外と動くのです(2016/12/09 07:12)

寝技から得られる学び(2016/12/08 07:12)

発想の固着化を避ける(2016/12/06 07:12)

このコラムに類似したコラム

見積もりという要素 高橋 昌也 - 税理士(2015/01/12 07:00)

「期間」という前提は忘れられがち 高橋 昌也 - 税理士(2014/12/22 07:00)

事業費と私生活費で按分するようなケースも 高橋 昌也 - 税理士(2013/11/22 07:00)

なぜ利益が重要な数字なのか確認する 高橋 昌也 - 税理士(2013/08/14 07:00)

会計上必要な資産ではありますが… 高橋 昌也 - 税理士(2011/11/25 06:00)