日米問題の考え方と対米従属 - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表
東京都
コンサルタント・研修講師・講演講師
03-6869-7151
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日米問題の考え方と対米従属

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般
日常を哲学する

日米問題の考え方にはいくつかの立場があります。

<タイプA>
 過去から現在に至るまでの日米関係を「肯定的にみる」立場。
<タイプB>
 過去から現在に至るまでの日米関係を「否定的にみる」立場。
<タイプC>
 これは評価できるがあれは評価できないというような「個別にみる」立場。

Aの人は「米国のお蔭で軍事的に守られているから」みたいな“功利主義”の傾向”があり、
Bの人は「米国の都合のいいようにされているから」みたいな“ルサンチマン”の傾向があり、
Cの人は「いいものはいいし悪いものはわるいのだから、その通りに評価すればいい」みたいな“現実主義”の傾向があります。

どの立場をとるかは人それぞれですが、上に挙げたような意味合いやメンタリティーで日米関係を考えるというのは感心できません。

なぜなら、
Aはあまりに「大ざっぱすぎ」であり、Bはあまりに「感覚的すぎ」であり、Cはあまりに「是々非々的すぎ」だからです。

俺はそうじゃない、という人がいるかもしれません。
でもそういう人の話を聞いてみても、最後に「結局のところはどうなんですか?」と訊ねると
・(個別事項W)だから賛成、だとか
・(個別事項X)だから反対、だとか
・(個別事項Y)だからこの点は賛成で(個別事項Z)だからあの点は反対、みたいなことをおっしゃる。

つまり、ABCのいずれであっても、「自分が関心ある事項」を挙げて、それを「賛成」や「反対」の根拠にし、結論づけている。

でも日米関係って、そういうことではない。
だって、日米関係とは“日本という「国」”と“アメリカという「国」”の関係・・・「国と国の関係」ですよ。

さきの見解は「個人としての結論」「個人としての見解」であって「国としての見解」になっていない。
だからこういう考え方は感心できないのです。

今の日米関係を語る人のほとんどは「自分」の利害や関心に基づいて国と国の関係を語っています。
「自分」の利害や関心が満たされていれば肯定し、満たされていなければ否定しているだけです。

こんなことをしているから対米従属なんてことになるのです。
対米従属になりたくなければ、「日本とは何か」を考え、「自分の利益/自分が属する利権の利益」ではなく「日本国全体の利益」という観点から考えねばならない、と私は考えます。

(中沢努「日常を哲学する」から抜粋)

★研修、講演、コンサルティング・・・承ります★
 ・メディア掲載、評価口コミ、著書、他 http://www.pensee.co.jp/peculiarity/index.html 
 ・実績と会社概要 http://www.pensee.co.jp/aboutus/index.html
 ・筆者による資料(総目次)http://www.pensee.co.jp/archive/index.html

最新情報
http://www.facebook.com/PenseeSauvageAndCompany


≪お問い合わせ先≫
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー(http://www.pensee.co.jp/

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / コンサルタント・研修講師・講演講師)
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表

「お客様を深く考えさせる」・・知識でなく「体験」を提供します

これまでの20年で見えてきたのは、「小さいこと」を変えないままで「大きいこと」を変えようとする企業の姿。私が教えるのは「なぜ、そうなるのか」ということです。当たり前のことができていないことを気づかせ、どうしたら良いかを考えさせます。

03-6869-7151
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「日常を哲学する」のコラム

このコラムに類似したコラム

内言によるエレンコス(問答) 講座 ‐その12‐ 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2011/07/06 18:00)

社会人ための人間性回復講座(その3) 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2011/06/01 18:00)

せいさつ(096)貧困原因とヘーゲルとローザ・ルクセンブルク 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2010/10/13 09:00)

せいさつ(059)本の読み方・評論の聞き方(経済編) 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2010/08/18 09:00)

せいさつ(004)複雑であることに耐えられない軽さ 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2010/06/01 09:00)