大切なものだから~固定資産管理 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

LBA会計事務所 代表
東京都
公認会計士・税理士
03-6272-6771
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

大切なものだから~固定資産管理

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般

こんにちは。
将来型会計事務所LBA 会計士の岸井です。

昨日、寒くなりましたねー、ということを書きましたが、
今朝はさらに一段と寒かった・・・。

震災から8カ月経ちましたが、まだまだ復興には程遠いようです。
仮設住宅の映像を見ると、防寒対策が不十分なところも多く、
お年寄りは特に体に負担がかかっている様子でした。

普段の生活や健康に関わる部分は早く解消してもらいたいです。


さて、本日のネタです。

固定資産の管理は、仕訳(試算表)での管理と、固定資産台帳での管理の両面から行います。

固定資産の取得時は、試算表の増加と固定資産台帳の増加との一致を確認できますし、
固定資産台帳に載せないと、減価償却がわからないため割ときっちりと管理されていますが、
逆に売却したり除却した時にそのままにしていることがよくあります。

つまり、もう存在しない固定資産が固定資産台帳や帳簿に載っているという事態になるわけです。

ありもしない減価償却を計上していることになりますので、当然その分が「脱税分」となってしまいます。

少なくとも、年度末には固定資産台帳と現物を突き合わせて両者の一致を確かめましょう。

また、現物と一致した固定資産台帳と試算表上の固定資産の額が一致していることも確かめましょう。


公認会計士 岸井幸生

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 公認会計士・税理士)
LBA会計事務所 代表

人とビジネスの幸せ最大化が使命です

クライアント様の幸せを常に考えています。単に税金計算をするだけの会計事務所ではありません。クライアント様の事業に興味をもって最適なアドバイスを行っていくことが一番の貢献です。

03-6272-6771
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

固定資産という発想の必要性 高橋 昌也 - 税理士(2014/12/23 07:00)

「期間」という前提は忘れられがち 高橋 昌也 - 税理士(2014/12/22 07:00)

事業費と私生活費で按分するようなケースも 高橋 昌也 - 税理士(2013/11/22 07:00)

高額な品物を買った時 高橋 昌也 - 税理士(2013/11/17 07:00)

大きな買い物をしたときの資料 高橋 昌也 - 税理士(2013/11/07 07:00)