毎日のご褒美は、自分で作ろう - 社内教育・自己啓発 - 専門家プロファイル

株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役
研修講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

松下 雅憲
(店長育成・販売促進ナビゲーター)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

毎日のご褒美は、自分で作ろう

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 社内教育・自己啓発
プロとして生きる! キャリアを磨こう

大人になって褒められる、認められることのチャンスは、少なくなる一方かもしれません。

だからこそ、上司に褒められると、とんでもなく大きな喜びを感じることができるのだと思うと、

たしかに、チャンスはたまにあればよいのでしょう。

しかし、誰かに褒められる、認められることも大切ですが、

自分で自分の成長を実感することができれば、それは何よりのご褒美ではないでしょうか?

成長を実感することは、簡単ではありません。

なぜなら、意図して感じなければ、感じられるものではないからです。

気づき、「あ!!・・そうか」

発見、「なるほど、そういうことか」

これらは、偶然に得られるものではなく、意識して、意図して得られるものなのです。

与えられている仕事は、毎日違ったものではありません。

多くの場合は、いつもと同じ仕事を、いつもと同じやり方でするはずです。

成功している時も、失敗している時も、いつもと同じ行動を無意識に起しているのです。

明日からは、意図して行動を起こしてみませんか?

考えたら、そく実行する。行動した結果を振返り、修正して、またすぐ実行する。

考えることが癖になれば、得られる成果も変わってきます。

そして、大切なことは、得られた成果を実感して忘れないようにするために、

自分ご褒美を用意しておくことです。

チョコレート1かけでもいいと思います。

お風呂にゆっくり入る・・でもいいと思います。

頑張った自分を褒めてあげる「何か」、作ってみませんか?

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(研修講師)
株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役

実践型研修で、結果が即・行動に現れます

ビジネススキルに不可欠なコミュニケーション力。ますます重要な「聴く力」「話す力」「論理的に考える力」を高める研修はじめ、企業研修の内製化のコンサルティング、人事政策のアドバイスなど、人事に関する総合的なご支援をしています。

カテゴリ 「プロとして生きる! キャリアを磨こう」のコラム

このコラムに類似したコラム

イチローは正解を求めない 中川 淳一郎 - 経営コンサルタント(2012/01/11 16:10)

育成することってどういうこと? 竹内 和美 - 研修講師(2014/10/07 09:00)

新人店長は「晩酌」をするな 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/11/22 06:51)

水に流すってこういうことなんだなぁ 竹内 和美 - 研修講師(2013/10/12 11:25)

成長は、感謝で促しましょう 竹内 和美 - 研修講師(2013/10/02 15:05)