レディ・ガガにみるエンターティンメントの地平線 #3 - ビデオ撮影レッスン - 専門家プロファイル

山藤 惠三
有限会社エスオープランニング 代表取締役 クリエイティブディレクター
東京都
クリエイティブディレクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:写真・ビデオ

宮本 陽
宮本 陽
(カメラマン)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

レディ・ガガにみるエンターティンメントの地平線 #3

- good

  1. 趣味・教養
  2. 写真・ビデオ
  3. ビデオ撮影レッスン
メディアと映画、ずっと楽しい関係。 イベント演出の進化形

師走です、最近は教師よりも、子供たちの過密スケジュールで、ちびっこが走り回るので、

最近の傾向でしょうか?

さて、レディ・ガガにみるエンターティンメントの地平線 第三弾です、

アメリカのエンターティンメント産業である、音楽シーンは、すでにコンサートのライブを中心に、

マーケティングが組まれています。

モンスター・ボールドツアーは、ニューヨークのすすけたダウンタウンから、
きらびやかなマディソンスクエアガーデンにたどり着くまでのストーリーを、
レディ・ガガが、まるで「オズの魔法使い」のドロシーよろしく、
そのストーリーのようになぞってゆきます。

苦難に立ち向かうドロシーと、ライオン、案山子をつれて、
彼女の夢の実現へと進んでゆく、レディー・ガガの人生そのものと重ねてゆきます。

舞台のデザイン表現も、アートスクール出身のフィーリングを十分に使って、
随所にアートワークを施しています、

個人的な見解ですが、
伝説と言われたカルトムービーの影響も多分に受けているのかな?と思いました。

彼女の曲には、「アレハンドロ!」という曲がありますが、
私の大好きなあの、カルトムービーの巨匠「アレハンドロ・ホドロフスキー」監督
からインスパイアされていると思いました。

彼女のコンサートを見ていると
「終わりつつあるアメリカのポツプ・カルチャー」の幻影を見ているような気にふとされました。

アメリカ文化とは、一体なんだったのか?
ミックスカルチャーの果てには一体、何が待っているのだろうか?
はたして、21世紀のアメリカ文化の行く末は?

といった、めまいにも似た幻影が脳裏をよぎり、
ふとそんなことを考えさせられました。

翻って、これからは「アジアの時代がやってくる!」、とよく言われていますが、

その時に、日本の文化のアイデンティティーとは何か?
そして、それは、どんなカタチであるのか?
どのような表現になってゆくのだろうか?

これからの新しいアートや芸術表現、そしてエッジの切れたアバンギャルドなスタイルは、
どんどん市民権を得て、
また、ビジネスと結びついて、ますます、人々の生活を新しく活性化させてくれるものなのです。

モンスター・ボールツアーは、新しい自分の発見、元気になるエネルギーそして、
毎日を若々しく過ごす健全なエネルギーに満ちているのです。

がんばれ、レディー・ガガそして、
がんばれ日本!

アレハンドロホドロフスキー、エルトポ

クリエイティブ・プロダクション 広告デザインと映像のエスオープランニング:




このコラムに類似したコラム

明日はアマオトのワンマンだそうです! 長坂 佳宣 - カメラマン(2013/06/08 21:52)

レディ・ガガにみるエンターティンメントの地平線 #1 山藤 惠三 - クリエイティブディレクター(2011/11/16 10:00)

未来を生きろ!大震災後の新発想 #2 山藤 惠三 - クリエイティブディレクター(2011/09/20 07:00)

奇跡の映画「ぴゅ~ピル」、日本を元気にする現代アートは? 山藤 惠三 - クリエイティブディレクター(2011/04/19 07:00)