平成23年度公認会計士試験合格発表 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

LBA会計事務所 代表
東京都
公認会計士・税理士
03-6272-6771
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

平成23年度公認会計士試験合格発表

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般

こんにちは。
将来型会計事務所LBA 公認会計士の岸井です。

本日、公認会計士試験の合格発表がありました。

合格者1,511名、合格率は6.5%でした。

1500人を多いと見るか、少ないと見るか、過去の数字と並べてみるとその衝撃がわかります。(画像参照)

昨年が2,041名(合格率8%)、ピークの4年前が4,041名(同19.3%)ですから、比較してみると激減していることがわかります。


5年前などは、J-soxが始まる準備で会計士を大量に必要としていた時代でした。 
飲めや歌えやのバブル接待の末、監査法人に入ってもらった(!)という状況でした。


その後はご存じのとおりの不況、新規上場会社の減少、J-soxの落ち着きで、会計士の需要が減り、合格者を減らしていきましたが、減らしきれていません。
監査法人へは拝んでも入れないという、会計士合格者の就職浪人問題が起きています。

今回も合格者が1500人(前年比マイナス500人!)に減少したとはいえ、就職できない合格者が出てくるでしょう。

・・・という、就職浪人問題では色々と言いたいことはありますが、それは別の機会に回します。


今日は、これからの話題で、

今後、オリンパスの問題をはじめ、監査のあり方や会計士に対する風当たりが強くなると予想されます。
試験は難しい、受かっても就職もできない、就職できても報酬が下落している、責任が重い、下手すると吊るしあげられる。
これからの若者が避けていく要素がたっぷりあります。 

普通、そんな道を選ばないでしょう。

でも、それでいいでしょうか?

そういうところがおもしろいんじゃないでしょうか?

挑戦し甲斐がありますし、
少なくとも、会計のプロフェッショナルであることは何も変わっていませんから。 

皆さんの近くに公認会計士になりたいという方がいれば、ぜひ応援してあげてください!

そして、受験生ご本人でもご相談したいことがあれば私にご連絡を!
先輩面して(笑)色々お話しできると思いますよ! 

公認会計士 岸井幸生

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 公認会計士・税理士)
LBA会計事務所 代表

人とビジネスの幸せ最大化が使命です

クライアント様の幸せを常に考えています。単に税金計算をするだけの会計事務所ではありません。クライアント様の事業に興味をもって最適なアドバイスを行っていくことが一番の貢献です。

03-6272-6771
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

逆風の中、挑戦してこそ~公認会計士試験出願数発表 岸井 幸生 - 公認会計士・税理士(2011/12/06 18:28)

公認会計士の合格率過去最低の6.4% 三瀬 宏太 - 税理士(2011/12/20 18:32)

【会計士浪人を救う】 実務要件緩和へ 森 滋昭 - 公認会計士・税理士(2011/11/03 09:58)

異論:それでいいのか、財務会計士問題 岸井 幸生 - 公認会計士・税理士(2011/04/20 17:37)

立地条件が大切 高橋 昌也 - 税理士(2015/03/31 07:00)