【年金受給】年金を受け取る年齢を操作する - 公的年金・年金手続 - 専門家プロファイル

株式会社FPリサーチパートナーズ 代表取締役
神奈川県
ファイナンシャルプランナー
044-814-3553
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:年金・社会保険

森 久美子
森 久美子
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【年金受給】年金を受け取る年齢を操作する

- good

  1. マネー
  2. 年金・社会保険
  3. 公的年金・年金手続
年金 公的年金

年金は「受給を早める」ことも「遅める」こともできる!

公的年金に基礎年金(国民年金)がありますが

今後受け取る年齢は65歳が原則です。

ここでは1962年生まれ以後の方を対象として記載していきます。

注意
※男性で昭和1961年4月1日生まれ以前
※女性で昭和1966年4月1日生まれ以前
の方は年齢により、受給年齢が早まります。

 

60歳で定年を迎え、年金は65歳

年金をもらったとしても少ない時代です。

年金の繰り上げ受給と繰り下げ受給を覚えておきましょう!

 

年金を早く受給する

年金を60歳から受給することができます。

これならば、60歳以降も無収入でなくとも済みますね。

基礎年金の満額は788,900円です。

計算は簡単で下記の計算式で計算します。

■計算式(3年間早める)
    (0.5%×繰り上げる月数)=減額される率
    例)62歳から受け取る
    0.5%×36ヶ月=18%

 基礎年金の満額に上記割合を掛け算します。

788,900円×18%=142,000円←これが一生涯減額されます。

 

ですので788,900円-142,000円=646,900円が

62歳から受け取ることができます。


参考までに60歳まで繰り上げると552,200円になります。

注意
※一度繰り上げ受給をしますと変更は出来ないので注意!!!
日本年金機構のHPで確認しよう
下記のURLに細かく繰り上げの金額が載っていますので
自身に当てはめて確認してみてください。

http://www.nenkin.go.jp/question/1300/1301/1301.html

 

年金受給を65歳以降にする(遅らせる)

年金を65歳から受給せず遅らせることができます。

あまり行う人はいませんが紹介しておきます。

 

基本は先ほどと同じで

基礎年金の満額は788,900円です。

 

計算は簡単で下記の計算式で計算します。

ポイント

    ■計算式
    (0.7%×繰り下げる月数)=増額される率
    例)68歳から受け取る
    0.7%×36ヶ月=25.2%

 基礎年金の満額に上記割合を掛け算します。

788,900円×25.2%=198,800円←これが一生涯増額されます。

 

ですので788,900円+198,800円=987,700円が

68歳から受け取ることができます。

 

参考までに70歳まで繰り下げると1,120,200円になります。

 

最後に

年金を60歳から受け取れば、早く受給する分、年金年額は減少します。
60歳から約52万もらっても、65歳から約78万普通に受給しても
損益分岐点は概ね76歳程度です。

あとは長生きすればするほど繰り上げない方が得をする
縁起の悪い話ですが、76歳まで生きることはないな・・・と
判断すれば、結果繰り上げ受給した方が多くもらえたことにもなりますが
損得勘定で決めることは難しいでしょう。


公的な年金制度を下支えにしながら、足りない部分を
自分自身で備えていきましょう。

2011年10月12日、年金支給年齢引き上げ検討が本格的に
なってきました。老後の働き方も整備されていない現状ですが
いずれ支給年齢は引き上げられます。
不足する将来の年金に対して、自分自身でも「投資」などを
しっかり学んで活用し、お金に働いてもらう必要があります。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPリサーチパートナーズ 代表取締役

理想のライフスタイルを現実化するファイナンシャルプランナー

「住まいと暮らしに新発想」をテーマにお客様に様々な選択肢を提供しております。お客様により「理想」は違います。実経験を基に「不動産・相続」等の難しい問題から、知って得する「ライフプラン・保険」情報まで幅広くアドバイス・問題解決させて頂きます。

044-814-3553
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「年金」のコラム

簡単に知る、日本の年金(2015/07/07 12:07)

このコラムに類似したコラム

公的年金の最高額! 土面 歩史 - ファイナンシャルプランナー(2013/01/19 06:26)

2日生まれはソン!? 松山 陽子 - ファイナンシャルプランナー(2012/11/02 11:31)

公的年金に救いの手 浅見 浩 - ファイナンシャルプランナー(2011/08/22 08:28)

専業主婦の年金過払い 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2011/04/27 10:00)

年金の「繰り上げ受給」と「繰り下げ受給」比較 三島木 英雄 - ファイナンシャルプランナー(2016/11/14 17:39)