ナベツネ告発問題:コンプライアンスってなに? - リスクマネジメント・BCP - 専門家プロファイル

LBA会計事務所 代表
東京都
公認会計士・税理士
03-6272-6771
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ナベツネ告発問題:コンプライアンスってなに?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. リスクマネジメント・BCP

こんにちは。
将来型会計事務所LBA 会計士の岸井です。

昨日の話題は「読売巨人の内紛」でしたね。

人事をひっくり返された球団代表が、神様的な立場のオーナーの横暴ぶりを告発しました。 


この日、朝に「重大な発表がある」「コンプライアンスに関する重要なこと」「午後に会見する」として公表されていました。
この状態で株式市場がどうなったかというと、関連銘柄である株式会社東京ドームの株価が大幅に(10%超)下落したのです。(画像参照)

なぜか。

「コンプライアンス」という言葉に反応したのだと思います。

コンプライアンスは日本語で言うと、法令遵守。

コンプライアンスに関する重要な問題というのは、つまり法令を守っていないことで深刻な状況になっているということを意味します。 

ただでさえ、オリンパス問題(こちらもコンプライアンスに関する重要な問題です。)で疑心暗鬼になっているのですから、余計に敏感に反応してしまいます。 ここもか?!と。

さらに、良くないのは、そんな重要なことを朝に「午後、会見する」と言ってしまったことです。
情報のない中で時間だけがあると、悪い憶測が増幅されて影響を大きくしてしまいます。

そして、ふたを開いたら何てことない。
コンプライアンスでも何でもなく、 よくある「引退した先代社長が経営に口出しして困る」と同じこと。
世間の興味はありますが、重要ではないし、そもそも法令に違反しているのか? 

コーポレートガバナンス(企業統治)が乱されて困っていることを告発しただけでした。

そんなこんなで、株価は午後V字回復しています。(画像参照)
内容を知っている人がいたら、不当な株式売買(インサイダー取引)があったことでしょう。
だからこういう類の発表は、すぐに内容を開示するか、昼間は黙っていて市場が閉まった後に発表するかです。

 球団代表にそこまで考慮しろというのは酷だとは思いますが、経済秩序の観点から言うと、とんだお騒がせな出来事だったことは間違いないと思います。

追伸
強大な敵に向かっていくという球団代表の行動自体は嫌いではないです。 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 公認会計士・税理士)
LBA会計事務所 代表

人とビジネスの幸せ最大化が使命です

クライアント様の幸せを常に考えています。単に税金計算をするだけの会計事務所ではありません。クライアント様の事業に興味をもって最適なアドバイスを行っていくことが一番の貢献です。

03-6272-6771
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

IT企業の再編・統合 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/11/02 08:47)

モバイル活用支援フォーラム2015 Springのご紹介 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2015/03/18 10:46)

第7回クラウドランキングのご紹介 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2013/11/11 11:08)

社長の給料安すぎる!(3) ドクトル・ホリコン 堀内智彦 - 経営コンサルタント(2012/01/15 15:26)