老後 生活設計 老人ホームに入る際にかかる費用 - 老後の生活 - 専門家プロファイル

オフィスマイエフ・ピー 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:老後・セカンドライフ

中舎 重之
中舎 重之
(建築家)
植森 宏昌
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
橋本 亜依
橋本 亜依
(恋愛アドバイザー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

老後 生活設計 老人ホームに入る際にかかる費用

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 老後・セカンドライフ
  3. 老後の生活
ライフプランと家計 老後の生活費

入居一時金ゼロのホームから1億円の施設まで色々です。最近では一時金が数百万円のホームが増えています。入居施設を調べる際には、入居一時金の返還ルールを必ずご確認ください。通常は5年で償却しますので、初年度に20~40%程度の施設をお勧めします。

施設・設備も重要ですが、施設入居はサービスを購入するものと心得てください。これは各地方自治体で第三者評価制度がスタートしています。まずは施設の評価をお確かめ下さい。

有料老人ホームでかかる一般的な費用は下記に示します。

例として
入居一時金は300万円~500万円~数千万円で、入居金の無い施設も在ります。
また、月額利用料も安い場合には月度16万円~23万円~に為ります。
私は、入居一時金500万円程度、月額の利用料を23万円まででお考えに為るようお勧めしています。

あまり多くを望まなければ、この金額レベルで満足度が高い施設もあります。

特にグループホームは入居金もなく、人にやさしい施設が数多くありますので、認知省の方にはお勧めです。

文責
ファイナンシャル・プランナー
日本FP協会認定CFP® 吉野充巨

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ライフプランと家計」のコラム

このコラムに類似したコラム

老後 生活設計 老人ホームへの入居も選択肢の一つです 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2011/11/11 16:00)

訴求力のあるデザイン 小木野 貴光 - 建築家(2014/07/04 08:00)

「お年寄りの顔を輝かせたい」 作品展をプロデュースしました 石崎 公子 - ヒキダシスト/Comunication Specialist(2012/10/02 10:57)

終の棲家は何処に を考える 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/02/19 10:00)

老後 生活設計 有料老人ホーム選びのチェックポイント 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2011/11/13 16:00)