受診時定額負担制度とは - 医療保険・国民健康保険 - 専門家プロファイル

森 久美子
エフピー森 代表 
神奈川県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:年金・社会保険

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

受診時定額負担制度とは

- good

  1. マネー
  2. 年金・社会保険
  3. 医療保険・国民健康保険
病(やまい)とお金

こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの森久美子です。

お金のことは、よく分からないからとあきらめてはいませんか。お金と上手につきあって、ちゃんと暮らしたいと思っているあなたの「マネー力」をつけるためのコラムです。

 

病気などで病院を訪れるたびに、窓口で100円の追加負担を求められるという「受診時定額負担制度」導入の是非が話題になっています。

 

これだけ聞くと、毎回自己負担額に100円を上乗せするように思えますが、正確に表現すると、医療費の金額の大小にかかわらず100円は定額負担にしようというものです。

 

わかりやすくいうと、医療費が3000円だったとします。

今は自己負担が3割の人は、窓口で900円を支払っていますね。

 

受診時定額100円になると、3000-100円の2900円が保険適応となり、2900円×3割+100円=870円+100円=970円を支払うことになります。

 

1割負担の人だと、本来は300円の支払いが、290円+100円=390円になるわけです。

 

払う金額が安い人ほど、かかる負担も増えることになります。

 

100円ならそれほど大きな負担増にはならないのですが、100円が200円になり、300円になり、500円になり…というのは、ありえないことでもないですね。

 

さて、あなたはどう思いますか?

 

 

森久美子が提案する快適ライフhttp://fpmori.com/

 

森久美子の暮らしレシピhttp://fpmori.blog13.fc2.com/

 

このコラムに類似したコラム

70~74歳の医療費窓口負担、引き上げ見送り 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2011/12/22 17:00)

「後期高齢者医療制度」保険料の行方は 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2011/12/20 15:00)

東芝も「確定拠出年金」を導入 小川 正之 - ファイナンシャルアドバイザー(2015/08/21 07:00)

「確定拠出年金(企業型)」金融機関選びのポイント(導入をお考えの企業様へ) 小川 正之 - ファイナンシャルアドバイザー(2015/08/14 07:00)

中立を装う保険ショップ規制発表 岡崎 謙二 - ファイナンシャルプランナー(2015/02/19 08:47)