予定通りに11月11日より通常の業務体制になります。 - 法律手続き・書類作成全般 - 専門家プロファイル

さくらシティオフィス / 行政書士 松本仁孝事務所 代表者
大阪府
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:法律手続き・書類作成

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

予定通りに11月11日より通常の業務体制になります。

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 法律手続き・書類作成
  3. 法律手続き・書類作成全般
相続 遺言書

 

いつもお世話になっております。

謹んでお知らせいたします。

 

ご迷惑をおかけしておりましたが、

予定しておりました通り、11月11日(金)から、

全業務の新規受付ができる状況になりました。

 

遺言書の作成についてのご依頼者の方が、

性急に事を運ばずに、公正証書遺言にすることを含めて、

慎重に進めていきたいとのご意向ですので、

その意向に沿った業務を遂行していくこととなり、

日程的に、タイトな状況が少し緩みました。

 

その他の業務依頼において、

先に依頼していただいておりました、

複数の業務に一定のメドが立ちました。

 

臨時的に、新規のご依頼を制限することにより、

先にご依頼いただいていた業務につきまして、

集中して、取り組むことができました。

 

ご依頼者との真摯なやり取りを繰り返しましたので、

かなりの段階にまで進むことができていると思います。

あとは詰めの作業を行っていくために、

ご依頼者の意向に沿いながら、一つ一つ、

丁寧に確認しながら、進めていくことになります。

 

詰めの作業は細心の注意を払って、行っていく必要がありますが、

留意点を中心に書き記した書面などもお渡ししていますので、

今までのやり取りの経緯を踏まえていただければ、

ご依頼者が再確認することや疑問点が生じることは、

増えるとは考えられず、少なくなると想定しております。

万が一、そのような事態になれば、間髪入れず、

すぐに、電子メールを送信していただき、

お伝えいただく手はずになっていますので、

こちらも即座に対応することは可能であると考えています。

 

私たちのあり方についても、

一定の結論を導き出すことができました。

 

宅建業免許の更新手続きを終えました。

始末書を提出しなければならない事態になりましたが、

継続事案優先で後回しにしていた作業が終えられたこと。

このことが、私たちのあり方を考える上で、

最後の決め手になったように感じています。

 

外部環境や状況の変化に対応していきながら、

竹のような「しなやかさ」を持つこと。

 

行政書士、マンション管理士、

1級ファイナンシャル・プランニング技能士、

ファイナンシャル・プランナーの国際ライセンスCFP、

そして、宅建業免許を有する宅地建物取引主任者など、

みずからが有している国家資格等で得られたものや、

これまでの人生訓を、改めて再認識することにより、

ご依頼者の方々からも認識していただきつつある、

私の強みとなっている複眼的視点からのアドバイスが、

ご依頼者の方々にとって、より有益なものとなるように、

これからも精勤してまいる所存です。

 

予定通り、11月11日(金)から、

新規のご依頼者の募集を行えると判断いたしました。

 

重ねて、ご報告させていただきます。

 

お読みくださいまして、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

「さくらシティオフィス / 行政書士 松本仁孝事務所」

  代表者  松本 仁孝

 

 

 

 

 

<主要運営ウェブサイト>

 相続手続き相談室 

 相続手続き相談 大阪室

 家計の見直し相談室

 養育費等の離婚相談(男性向け)

 知的資産経営報告書 経営承継プラン作成

 知的資産経営報告書 作成依頼相談室

 

 

 

 

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 行政書士)
さくらシティオフィス / 行政書士 松本仁孝事務所 代表者

離婚 相続手続き 事業承継等 プランニングやご相談を承ります。

離婚、相続手続き、家計の見直し、不動産についての相談。また、知的資産経営や事業承継についての経営相談をお受けしていて。気づかされるのは、綿密なプランを作成することの重要性です。行動される前段階でのあなたに役立つプランづくりを応援しています。

カテゴリ 「相続」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

電話相談 遺産相続時における不動産の取り扱い方法のアドバイス・相談

被相続人の自宅や土地(宅地に限る)、貸家などの取り扱い方法について、解決策をご提案いたします。

料金
11,429円

亡くなられた被相続人の方が所有していた不動産を、どのように取り扱えばいいのか。遺産分割の話し合いを行う際に知っておきたい事項だと考えています。所有不動産の効用を考慮していきながら検討を加えて、無用な損失が発生することがないように、あなたの事情に合った取り扱い方法をお伝えいたします。

遺産相続時における不動産の取り扱い方法のアドバイス・相談

このコラムに類似したコラム

遺言は「公正証書遺言」を強くお勧めします! 吉田 武広 - 行政書士(2011/02/02 11:25)

遺言書をのこしましょう 安井 大樹 - 司法書士(2013/08/07 09:01)

遺言書が見つかった時の対応 安井 大樹 - 司法書士(2013/08/07 08:49)

危急時の遺言 白木 麗弥 - 弁護士(2012/06/12 16:03)

遺言をのこしておいた方がよいと思われる事例 安井 大樹 - 司法書士(2013/08/07 09:09)